1歳の息子と2人で葛西臨海公園!

      2016/10/10

高尾山に続いて息子と2人でシリーズ第2弾は葛西臨海公園です。

葛西臨海公園は都内では最大規模の公園で、園内に巨大な観覧車やマグロで有名な葛西臨海水族園がある子供連れにはたまらない公園です。
今回は葛西臨海公園と葛西臨海水族園に行ってきました。

園内のいたるところにスロープがあり、ベビーカーでも不自由しませんでした。map026_20151211-thumb-575xauto-46192葛西臨海公園公式サイトより引用

葛西臨海公園駅

最寄り駅はJR京葉線「葛西臨海公園駅」。
公園が駅に直結していて、駅前にコンビニや飲食店があるので大変便利です。

「葛西臨海公園駅」はディズニーランドがある「舞浜駅」の隣なので、電車激混みを覚悟していたのですが、
ベビーカーも普通に入れるくらいでした。
11時に時間をずらしたのが功を奏しました。

駐車場があり、車でも来られますが、土日祝日は混雑しますので電車で来たほうが無難かもしれないです。

●普通車
1時間まで200円。以後30分毎に100円

●大型車(車高2.5メートル以上の車両)
2時間まで1,500円。以後30分毎に500円

駅前には柵のないオシャレ噴水があり、夏でもないのに息子が突っ込んでいったので慌てて止めました。
夏にまた連れてきてあげるから。IMGP4210

 

メインストリート

駅を出ると目の前にメインストリートがあります。

IMGP4211

少し歩くとカラフルな電車が止まっていました。IMGP4214これは園内を巡回しているパークトレインです。
1週25分で公園の名所を回ります。

料金は3歳以上・70歳以上が150円。
中学生以上が300円。

最近、乗り物にハマっている息子は夢中で駆け寄ります。
が、今日は水族館にも行くので、時間の関係で乗りません。残念!

あっちこっちフラフラと寄り道をしながら30分かけて「レストラン ブルーマリン」まで来ました。普通に歩いたら3分です。

そこで大道芸をやっていたので思わず立ち止まる。
IMGP4218
いやーレベル高い!
子供を連れて色々な場所に出かけるようになってから、頻繁に目にするようになった大道芸人。
どれもクオリティーが高く、人だかりが出来ているとついつい見に行ってしまいます。

展望広場

メインストリートをまっすぐ行くと全面ガラス張りの近代的な建造物が見えてきます。展望レストハウス・クリスタルビューです。
IMGP4219

ここは展望台になっていて、公園が見渡せます。売店や多目的トイレもあります。

クリスタルビューを抜けるとすぐに目に飛び込んできたのが菜の花畑です。
IMGP4228菜の花の香りが春を感じさせますね。
息子はそんな事には一切興味を示さず海のほうへ走っていってしまいました。

OK!海が見たいなら水族館に行こう!

葛西臨海水族園

水族館の入り口手前で係員の人が「ベビーカーを預けられます」と声をかけてきてくれました。
中はかなり混んでいて、ベビーカーを持って入ると水槽に近づきにくいので、預けたほうが良いとのこと。

料金もかからないので、預けることにしました。いざと言うときは肩車です!

ベビーカー置き場はかなり広く、既に40~50台くらい置いてありました。

遠くからずっと見えていたドームが入り口でした。IMGP4264

入園料は大人が700円で小学生以下、都内在住・在学の中学生はなんと無料!
さらに、みどりの日(5月4日)/都民の日(10月1日)/開園記念日(10月10日)は無料で公開しています!
やっぱり都立水族館は違うね!

中は三連休の中日というのもあって凄い人!
見よ!この人だかりを!ベビーカー持ってこなくて良かったー。
IMGP4283

人の多さのせいなのか、息子の体力ゲージが残り少なくなってきたみたいなので、色々飛ばして一気にマグロゾーンに行きます。

マグロゾーン

葛西臨海水族園といえばクロマグロですよね。
まだ記憶に新しいマグロの大量死から1年ちょっと経った今、どうなっているか興味があります。

IMGP4290

復活しています!ドーナツ型の超巨大水槽の中を大量のマグロが行ったり来たりしています。
ドーナッツ型にした意味ないじゃん!

大量のマグロの中でも目を引く大きなマグロが1匹います。これが例の大量死を生き抜いたマグロです。
さすが生き残り。王者の風格を醸し出しています!

この辺りで息子の体力がピークを向かえ、ぐずり出しました。
マグロゾーンで少し休憩をし、一気にペンギンゾーンへ。

ペンギンゾーン

ペンギンゾーンには想像以上のペンギンの群れがいました。
しかも、かなり近くで泳いでいる姿が見られます。IMGP4304

水の中を飛んでいるみたいだ!ペンギンが初めて鳥に見えました。
これには息子も大興奮。ちょっと機嫌が直りました。

が、それも一瞬でとうとう泣き始めました。
東京の海、海鳥ゾーン、レストランを全部スルーし、出口へ向かいます。

ベビーカーを受け取った後、最後の淡水生物館へ向かっている間に息子は入眠。
ギリギリまで良く頑張った。

淡水生物館

全然期待しないで行った淡水生物館ですが、ここも凄かった。

かなりリアルに川や池が再現されていて、その中を泳いでいる魚が見られるようになっています。
本物の川や池の中を見ているようなリアルさで、一番心を動かされました。IMGP4316

まとめ

今回は11時からと遅めに到着したのもありますが、
あまりにも広すぎて一日では全く回りきれませんでした。
他にも観覧車、パークトレイン、鳥類園ウォッチングセンター、西なぎさ、東なぎさ等々見所満載なので、再訪必至です。

葛西臨海水族園は1つ1つの水槽のクオリティが高く、珍しい魚も多数入っているのでもっとゆっくり見たかったですね。
休日は混みすぎなので、次は平日リベンジ!

葛西臨海公園は家族連れへのオススメ度満点です!

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - お出かけ, 育児