子供の虫歯を劇的に減らすには3歳までが重要

   

虫歯で悩んでいる人は多いと思います。歯は痛いし、何度も歯医者に行かなければ行けないし、お金はかかるしで大変なことばかりです。

自分の子供にはそんな悩みを持って欲しくないと思っている親御さんは多いと思います。3歳までの頑張り次第で、虫歯になりやすさを劇的に減らすことが出来ます。

なぜ虫歯が出来るのか

虫歯は虫歯菌によって出来ます。虫歯菌にはミュータンス菌ラクトバチラス菌の2種類の菌があり、この菌達による波状攻撃によって歯に穴を開けます。

1.ミュータンス菌が唾液感染。
2.ミュータンス菌が酸を出して歯の表面を溶かしてザラザラにします。
3.ザラザラになった歯にラクトバチラス菌が付いて、糖を強い酸に変える。
4.歯に穴を開ける。

という流れです。

3歳までが大事

口の中の細菌バランスは3歳までに決まると言われています。
つまり、3歳までにミュータンス菌以外の菌で口の中の細菌バランスを完成させてしまえば、理論的には一生虫歯になりません

しかし、子供の口に全くミュータンス菌を入れないようにすることは至難の業です。
お風呂も一緒に入れないし、会話をする時もマスクをして話さなければいけません。
そんな事をしていたら虫歯にはならなくても、子供から嫌われてしまいます。
かなり現実離れしていますね。

完全に菌を入れない事はほとんど不可能なので、出来る限り子供の口に虫歯菌が入らないように頑張っていきましょう。

大人が頑張る

  1. 基本であるブラッシングをしっかりする。
  2. 甘いものをあまり食べないようにする。
  3. キシリトール製品を頻繁に食べる。
  4. 子供にコップなど唾液が付いてるものを触らせない

子供に虫歯菌がつかないように頑張る

  1. 熱いものをフーフーしない。
  2. 食器類は別々にする。
  3. キスはしない。
  4. 毎食後、子供の歯磨きをする。
  5. 甘いものはなるべく与えない。

まとめ

一度虫歯になってしまったら一生付き合わなければいけません。
かなり大変ですが、たった3年です。
3歳まで耐えれば後はかなり楽になりますので、気合を入れて虫歯菌との接触を減らすよう頑張りましょう。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 育児