読み聞かせ絵本「ちっちゃな おさかなちゃん」シリーズが秀逸

   

 

息子が初めて興味を示した絵本が友人からのプレゼントで頂いた「ちっちゃな おさかなちゃん」です。

内容は「おさかなちゃんがママとはぐれてしまって、ママを探している途中に色々なお友達に出会う」という話。

背景に黒を使っていて落ち着いた雰囲気の中に原色を使ったキャラクターが次々と出てきて、目に優しいながらもカラフルで刺激的。子供の集中力が長く続きます。

カニはブクブク。ヒトデはツンツンと子供にも呼びやすい名前に変えてあり、擬音も交えて楽しく読むことが出来ます。

紙質も厚紙で表面がコーティングされているので、子供が乱暴に扱っても紙が破れにくく、汚れにくい。安心して子供に読ませることが出来ます。

うちの息子が「おさかなちゃん」にガチハマリしたので、全シリーズそろえてしまいました。
息子が投げたり、乱暴にめくったりしていますが、かなり強度があり無傷で生き残っています。

小さい子供のいる家へのプレゼントに最適な絵本です。

 

「ちっちゃな おさかなちゃん」はシリーズ化されており、他にも

・おさかなちゃんのばいば~い
・おさかなちゃんのぴんぽ~ん
・おさかなちゃんのおいでおいで

があります。

おさかなちゃんのばいば~い

ママがおさかなちゃんを迎えに来て、帰り際にお友達に「ばいば~い」と声をかけながら帰る話

おさかなちゃんのぴんぽ~ん

ウキウキのおさかなちゃんの家にお友達が「ぴんぽ~ん」と次々に訪ねてきます。今日はおさかなちゃんの家で何があるのでしょうか?という話

おさかなちゃんのおいでおいで

おさかなちゃんが友達に「おいで おいで」と招集をかけます。さて、みんなで何をするのでしょうか?という話

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 本・絵本, 育児