Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴っていきます。

2歳の息子とレゴランド・ディスカバリー・センター東京 in お台場に行ってきた

      2016/09/06

2016年9月3日
子供が大好きLEGOのテーマパークがお台場にあるとのことなので、息子と2人で行ってきました。

レゴランド東京とは?

レゴランド東京(レゴランド・ディスカバリー・センター東京)は、お台場デックス東京の中にある子供限定のLEGOテーマパーク。
ここでは、1度入場料を払えばアトラクションや4Dシネマ、ワークショップ、巨大なジャングルジムなどで何回でも遊び放題。

中でも東京の名所が再現された巨大なLEGOジオラマは圧巻。

大人のみの入場が出来ないため、他のテーマパークと比べて空いている?

営業時間

平日 10:00~20:00 ※最終入場18:00
土日祝 10:00~21:00 ※最終入場 19:00

アクセス

電車

ゆりかもめ
「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分

りんかい線
「東京テレポート」駅下車 徒歩5分

マイカー

デックス東京の駐車場が利用できます。

駐車料金 1日最大料金 駐車場無料サービス
平日 最初の1時間まで500円
以降30分毎に250円
1,500円
(10時~24時)
1店舗3,000円以上ご利用・・・2時間無料
1店舗5,000円以上ご利用・・・4時間無料
(最大4時間
土日祝 最初の1時間まで500円
以降20分毎に200円
設定なし 1店舗3,000円以上ご利用・・・1時間無料
1店舗5,000円以上ご利用・・・2時間無料
(最大2時間

チケット料金

なんかたくさん種類があるんですが、事前予約をすると最大で800円も安くなるみたいです。

チケットの種類 詳細 料金
当日チケット 当日入場のチケット 2,400円
オンライン前売りチケット 10時~16時の入場チケット 平日  1,850円
土日祝 2,000円
16時以降の入場チケット 1,600円
平日限定親子チケット 大人1名+子供1名(小学生以下) 3,200円
追加メンバー 1,850円
コンボチケット
(マダム・タッソー東京)
大人(中学生以上) 3,000円
子供(3歳~小学生以下) 2,300円
年間パスポート 個人(1名様) 6,000円
ファミリー(4名様) 22,000円
追加メンバー(5名様以上) 5,500円

オンライン前売りチケットはLEGOLAND公式サイトから購入できます。

 

さて、レゴランドの詳細はこのくらいにして、レポに入りましょう。

今回、私達はりんかい線「東京テレポート駅」から向かいました。

IMG_2005

5分ほど歩くとDECKSの建物が見えてきます。かなり広い施設で、レゴランド以外にもトリックアート館やら、お化け屋敷などもあってかなり楽しめます。

レゴランドの入り口はアイランドモール3階です。

IMG_2006

 

レゴ・ファクトリー

IMG_2010

1番始めの部屋が「レゴ・ファクトリー」である。

ここでは、どうやってレゴが出来るのかを自分の体を使って体験しながら学ぶ事が出来るスペース。

原料からレゴが出来上がるまでを分かりやすく説明してくれます。

ブロックが生成されいる速度が表示されていたり、自分の体重がレゴ何個分かを計ることができたり、なかなかアカデミックなスペースです。

IMG_2011

ミニランド

IMG_2019

約150万個のレゴブロックを使って、渋谷やお台場、東京タワー、両国国技館などの東京の名所を再現しています。

IMG_2021

時間が経つと夜になり、夜の夜景に花火が上がったりしてロマンティック!メッチャ綺麗やないか~い!

IMG_2027

よく見ると建物の中に人がいたり、町の中を走っている車が写した映像が、東京タワーの横にあるビジョンカーに映し出されていたりと芸が細かい。

見るだけでなく、東京ドームでゲームが出来たり、両国で相撲の対戦が出来たりと各所に仕掛けがあるので、子供も飽きません。

キングダム・クエスト

戦車に乗ってレーザーガンで敵をやっつけるアトラクションです。

家族で点数を競う事が出来るので、なかなか熱くなれそうです。

うちの息子には、まだ早そうなので今回スルーしましたが、次回来る頃には楽しめるようになってそうです。

マスター・ビルダー・ワークショップ

レゴ職人にレゴの作り方を教えてもらう事ができます。

色々な技を教えてもらい、1歩先のレゴ作品を作れます。小学生が作った作品などが置いてあって、見てみると凄まじくレベルが高い。

息子がもう少し大きくなったら、是非来て見たいです。

レゴシティ・プレイゾーン

IMG_2050

超巨大なジャングルジムというかアスレチック。140cm以下の子供しか入れないように制限がされていて、親は外から見守ります。

全部マットやクッションで覆われているので、転んだり落ちたりしても安心。

外から奥まで見えないので、中で何をして遊んできたのかは息子のみぞ知るところ。ニコニコ満足そうな顔して出てきたので、相当楽しかった模様。

カフェテリア

IMG_2053

写真の通りお昼時になっても空いていますね。夏休みが終わって初めての土曜日。夏休みの宿題がまだ終わってないんですかね?

メニューはコンビニで売っているようなオニギリやサンドイッチ、お弁当です。料金はコンビニの2倍しますけど・・・。

飲食物持ち込み禁止なので、ここで買うしかないのがキツイです。

デュプロ・ビレッジ

IMG_2062

IMG_2065

2歳~5歳を対象にしたエリア。ゴムで出来た大きなソフトブロックで家を作ったり、車にブロックをつけてアレンジしたりと難易度低めなブロックが置いてある。

レゴレーサー:ビルド&テストゾーン

IMG_2070

デュプロ・ビレッジの隣には、一から車を組み立てて、テストドライブでタイムを計ったりする事が出来ます。

IMG_2074

うまく作らないと途中で止まってしまったり、走行中に粉々に分解してしまったり・・・。かなりレベル高いので2歳には難しい。

 

4Dシネマ

3Dの映像に風や雨、雷などが追加されて4次元の映画を楽しむ事ができるアトラクション。

30分ごとくらいに頻繁に上映していたので、混雑する事もなく余裕を持って見られました。

映画の種類はいくつかあって、私達が見たのは「レゴ ネックスナイツ」という最新作。

凄い綺麗な映像で、迫力があります。
これを追加料金無しで何回でも見られるのは凄い。

息子は始めての4Dの世界に入り込み、固まっていました。

レゴシティ・トレインワールド

IMG_2076

出口の前にあるのは、無類の電車好きである息子にはたまらないトレインワールド。

IMG_2084

うーん。よく出来ている。レゴがあれば作れないものはないな。

IMG_2077

隣にはタッチスクリーンで電車を操作できるデジタルゲームコーナーもありました。

ハイテクやなー!

まとめ

はじめは入場料が高いと思いましたが、中に入って遊んでみると料金に見合うハイクオリティなアトラクションや施設がたくさんあったので納得です。

2歳だと身長が足りなくて参加できないアトラクションがあったり、レゴを使って物を創造したりすることが出来ないのですが、それでも十分に楽しそうに遊んでいました。

未就学児から大人まで楽しいレゴランド。これからも何度も来る事になると思います。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - お出かけ, 育児