Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴っていきます。

子供に内鍵をかけられて閉め出された!その対処方法と対策

      2016/12/30

とうとうやられました!
自転車を取ってくるために外に出た数十秒の間に、2歳の息子が内鍵ロック・・・。

まずは深呼吸。はい、落ち着いて。

①子供に内鍵を開けさせる
うちの息子は駄目でした。泣いていて動こうとしません。

②ベランダの窓から息子に指示して開けさせる
1階在住限定。うちは外からベランダに入れませんでした。
両隣の住人も不在。

②鍵屋に連絡
みんなドアがあかなくて困っているのか忙しいらしく、90分ほどかかるとのこと。
ちなみに有料で6,000円~。

実際は1時間ほどで鍵屋が到着し、紐を1本を取り出す。
その紐を使い10秒ほどであっさり開錠!俺でも出来る簡単な方法でした。

しかし、逆に考えると紐1本あれば誰にでも開けられるということです。脆弱すぎる!
内鍵は防犯対策としては全く意味がないと考えてよさそうです。

もともとU字ロックは訪問者が来た時に使うもので、ドアのロック機能として使うものではないそうです。

ちなみに家の中に入ると、息子は泣き疲れて寝ていました。

鍵屋が使っていた方法の動画がありました。

簡単すぎて怖いです。

いざという時のために郵便ポストの内側に2mくらいの紐を貼り付けておきましょう。
これでまた締め出されてもすぐに中に入れます。

ちなみに洗濯物を干す為にベランダに出たときに閉め出される方も多いようです。
その対策として少し面倒ですが、ベランダの窓を開けた状態で鍵を閉め直してロックがかからないようにしておこうと思う。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 育児, 育児全般