Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴っていきます。

板橋区立熱帯環境植物館&こども動物園 高島平分園セット

      2017/01/24

前々から息子と行きたい候補地の1つであった板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)にようやく行ってきました。

なんで前々から行きたかったかと言うと、ここに水族館があるらしいのです。

無類の魚好きである息子と水族館巡りをしていたら、いつの間にか東京都の水族館を制覇するまで残すところ2施設となってることに気付きましてね。
その2つのうちの1つが「グリーンドームねったいかん」なんです。

ちなみに最後の1つは多摩川ふれあい水族館
こちらの攻略はかなり難しそう。遠い、土日祝日営業していない、凄まじく小規模(水槽3つ?)でモチベーションが上がらないの3点セット。
何かのついでに行ければラッキーくらいの難易度です。

グリーンドームねったいかんのそばにこども動物園があったので、ついでにそちらにも立ち寄ってきました。今回は2本立て。豪華です。

板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)

場所はその名の通り板橋区。都営三田線の高島平駅東口から歩いて7分の場所にございます。

一応無料送迎バスがあるみたいなんだけど、1日に4~5本しかないみたいだし近いんで歩いていきました。

IMG_3279

入場料は大人240円。小中学生120円とリーズナブル。
2017年4月から20円値上げとなる予定ですが、それでもなお安い。

ベビーカーは受付で預かってくれるので有難い。

順路に従って階段を下りていくといきなり水族館!植物館なのにカラージェリーフィッシュがお出迎え。

IMG_3280

植物館の水族館だからオマケ程度なんだろうとなめてました。
淡水水槽も海水水槽もある立派な水族館だ。

IMG_3283

しっかりチンアナゴやニシキアナゴ、カクレクマノミやナンヨウハギの人気者も押さえています。

IMG_3315

 

IMG_3285

先に進むの巨大水槽があり、巨大なアジアアロワナやヒマンチュラ・チャオプラヤ(淡水エイ)が泳いでいる!熱帯雨林の雰囲気でてるぅ!

IMG_3288

水族館ゾーンはここで終了。後は温室ゾーンで熱帯植物を見ていきます。

温室ゾーンに入った瞬間、グアムに行った時のこと思い出しました。
空港から出たときのムワッとした蒸し暑さ。まさにそれである。
今日は外が激寒なので適温になっているが、夏に来たらヤバそう。

そしてこのジャングルである。

IMG_3294

マレーハウスまであって、室内とは思えないジャングルさ。いつオラウータンが出てきてもおかしくないよ。

IMG_3295

植物の知識はゼロなので(魚もだけど)知っている植物は殆どなかったけど、これだけは知っていた!

IMG_3313

食虫植物「ウツボカズラ」
中の虫が透けて見えてるので、あえて中は見ない。

奥に進むと冷室につながっている。

なんじゃここはー!

IMG_3304

ミスト濃すぎでしょ!楽しいから良いけど!

ブロッケン現象もどきも見れちゃう!影の周りに虹の輪が出来たら完璧ブロッケンです。もう少し!

IMG_3307

なんて、遊んでたら植物館終了。

植物館を抜けると喫茶室クレアがあり、ここでマレーシア料理が食べられるらしい。
ジャングルを見ながらマレーシア料理が食べられるなんて粋だね。

そして展示室、図書コーナーと続きます。

展示室にはドクターフィッシュがいて、指を入れると凄い勢いで群がって掃除してくれます。意外と気持ち良い。

IMG_3311

指もツルツルになって気分爽快。
以上。ドリームねったいかんでした。

こども動物園 高島平分園

さて、お次は歩いて5分ほどのところにあるこども動物園 高島平分園に行ってみよう。

分園ということは本園もあります。
本園はもう少し規模が大きく都営三田線 板橋区役所前駅の近くにあります。

下記が本園に行った時の記事

1歳の息子と2人で板橋区立こども動物園へ行ってきた

板橋区に無料で動物に触れることが出来る動物園があるということなので、行ってきました。 その名も「板橋区立こども動物園」! 板橋に本園、高島平に分園があり、今日は東板橋公園に併設されている本園の...

daddy-life.com

こども動物園 高島平分園は徳丸ヶ原公園内に併設されており、無料で出入りできます。

IMG_3328

こども動物園案内

●開園時間
3月~11月 10時~16時30分
12月~2月 10時~16時

●休園日
毎週月曜日(祝日の場合は直後の平日に振替)、12月29日~1月3日

●料金
無料

こども動物園公式Webサイト引用

園内にいる動物はポニー・ヒツジ・ヤギ・ウサギ・リス・モルモット・インコ・カメ・キンギョ。

ふれあい時間は午前10時~10時50分と午後1時15分~2時50分の2回、ヒツジとヤギに触れます。

息子は前回行った本館の方で慣れたのか、自ら追いかけていって「良い子!良い子!」と叫びながら、怖がるヒツジとヤギを撫でていました。成長したなー。

IMG_3354

怖がるヒツジと遊んでいると、モルモットだっこタイムが始まりました。

モルモットだっこタイムは午前10時~11時30分 と午後1時30分~3時30分。
膝の上にモルモットを乗せてだっこし放題です。

前回1歳の時にモルモットだっこ体験をしたときは恐怖で硬直して触れなかった息子ですが、今回リベンジはなるでしょうか?

寒いからなのか人が少なかったのでほとんど並ばずにだっこできました。

息子は膝の上に置かれ、ブルブルしているモルモットを見て怖がる素振りもなく撫でたり頬ずりをしたりし始めた。
おお!さすが2歳。余裕だな。

IMG_3360

無事に前回のトラウマを克服し、ドヤ顔でこども動物園を後にした息子であった。

まとめ

「ドリームねったいかん」と「こども動物園」どちらも小規模ですが、セットにするとそれなりに時間をつぶせますね。

双方共にたいして有名じゃないので(失礼!)土日祝日でも空いていて穴場です。

静かに動物に触れ合いたい時はドリーム熱帯館&こども動物園セットで!

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - お出かけ, 育児