3歳の息子を連れて筑波山。登山リベンジの巻

   

久しぶりのブログ更新です!

忙しすぎて山に全く行けず、今年はじめて行けた登山は3月3日。家族で筑波山でした!

という事で筑波山について書いていきます。

登山リベンジ

実は今までも何度か息子を登山に連れていっていたのですが、毎回途中で歩かなくなり挫折していました。

今回はだいぶ難易度を下げてロープウェーでほぼ頂上まで向かい、男体山、女体山を目指します。

今回のルート

今回は必ず自分の足で歩き通して欲しいと思っていたので、かなり楽なコースを選びました。

1.筑波山ケーブルカーを利用して宮脇駅から筑波山山頂駅へ。

2.男体山へ登り、そのまま自然研究路を一周(60分)

3.女体山往復(30分)

合計1時間30分ほどのお手軽登山です。

登山開始

車で登山口の筑波神社の近くまで行けます。

正規の駐車場(第1~第4駐車場)は駅から少し離れている&行列ができていたので、スルーしました。
駅周辺には多数の駐車場があり、正規駐車場と変わらず一律500円で駐められます。

観光名所特有の駐車場への呼び込みみたいな人がたくさんいますが、一律500円なので適当に入って問題なかったです。

神社入り口では、ガマの油売りの口上をやっていて、久しぶりに見た。筑波山名物らしい。

登山前の安全祈願をして、ケーブルカーがある宮脇駅へ向かいます。

ケーブルカー料金

片道 往復
大人 580円 1,050円
子供(6歳~) 290円 530円

5歳までは無料なのがナイスです!

ケーブルカーの駅がある御幸ヶ原には、たくさんの売店がある。完全に観光名所になっている。

まずは男体山を目指します。

男体山の頂上まではだいたい20分くらい。

なかなかスリリングな岩場が連続し、息子は楽しそうにクライミングしてました。

写真だと本格的な岩場に見えますが、実際は危険な場所はなく楽しく安全に登れます。

サクッと山頂に到着。

ここからそのまま自然研究路へ向かいます。

1周60分の簡単なハイキングコースで、いたるところに植物や動物に関する説明が書かれた看板があります。
さすが研究路!勉強になる。

自然研究路は日陰が多く、まだ雪が多く残っていました。

途中には展望台がいくつかあり、空が澄んでいる日にはスカイツリーを見ることもできるそうです。

この日は天気は良かったが、既に気温が上がってきていて霞んでいました。残念!

ピッタリ1時間で御幸ヶ原へ戻ってきました。

3歳の足でピッタリ1時間なので、大人だけで行けばもっと早いでしょう。

ここでランチタイム。

たくさんお店があるけど、財布の中にはクレジットカードしかなかった・・・。しまった!

持参してきたパンで空腹を満たす。

一応、息子に女体山の山頂に行きたいか聞いてみると「いく!」と元気な返事が返ってきた。いつもは「疲れた」とか「抱っこ」とか言うくせに今日は全然言わない。よっぽど楽しいのかな。

女体山までは急な登りはほとんどなく15分ほどで着きます。

前日に雨が降ったからなのか、グッチャグチャにぬかるんでいる・・・。メッシュのランニングシューズで来たから気が抜けない。

女体山は筑波山最高峰の877m!

除隊さんのほうが男体山より6m高いけど、男体山のほうが登りごたえがあって面白かったな。

まとめ

3歳位の子供にはベストな山!

山までのアクセスが良いし、ロープウェーやケーブルカーがある。岩場が楽しく、コースも1時間半くらいで程よい。

非常に満足度の高い家族登山となりました!

 

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - お出かけ, 登山日記, 百名山