Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴っていきます。

単独行は危険?それでも私がソロ登山をする理由

   

最近はもっぱら単独がメインですが、別にグループ登山が嫌いなわけではないのである。
むしろ積極的に周りの人を誘って登山仲間を増やそうとしていました。

残念ながら私の周りに登山を本格的な趣味としてしている人が皆無で、基本的に私が誘う人達は登山経験がない人が多かったんです。

もちろん登山経験者である私がリーダーとなり、メンバーの登山経験など考慮して山を選び、登山ルートを決める。

まぁ、ここまでは良いんですけど、以下のようなことがあって自分の周りの人を誘うのはやめました。

①「何を持っていけば良いんですか?」と聞いておいて、当日持ってこない。

えーと、なんで聞いたの?
地図さえ持ってこないって・・・。

②事前に行き先を伝えているにも関わらず、山へ向かう途中に「今日行く山はどんな山ですか?」と聞かれる。

「どこの山に行くんですか?」と聞かれたこともある。怖い怖い!

③コースタイムを聞かれ、私が言った時間をオーバーすると「適当だ!」とか言われちゃう。

ええ、嘘つき呼ばわりです。グループ登山なんでタイム予測が難しいんです。

④岩場がある登山後に「危険なところに連れて行かれた」と言いふらされる。

巻き道勧めたのに自分が登るって言ったんだろ!

 

まぁ、経験が浅いので仕方ないことかもしれないんですけど、あまりにも私に任せっきりなので正直怖くなりました。
何かあった時のリスクが高すぎる。

私の環境では、ソロのほうが安心・安全な山登りが出来るということが分かったというわけございます。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 日記