電動歯ブラシはどれがいい?歯科医がオススメするのはこの2つでした!

   

ちまたには電動歯ブラシ溢れかえっています。
安いものから高いものまで、数多くの電動歯ブラシがあって何を買えばいいのか迷ってしまいますね。

リーズナブルなものに目が行きがちですが、安かろう悪かろうは嫌だ。
こんな所でケチって虫歯になったらそれ以上の出費になってしまう。それこそ安物買いの銭失いの典型だ。

どうせなら良いものが欲しい!

そこで実際に歯科医にどの電動歯ブラシが一番オススメなのか聞いてみました。

電動歯ブラシとは

電動歯ブラシにも「電動歯ブラシ」、「音波歯ブラシ」、「超音波歯ブラシ」の3種類があります。

電動歯ブラシ

手の代わりに歯ブラシが回転、往復運動(2,500~7,500回/分)をして歯の汚れを落とします。
価格帯も300円~でリーズナブル。ただしただ動いているだけで意味がない物もあり、両刃の剣。

音波歯ブラシ

電動歯ブラシとの違いは音波が出ているかどうか。
200~300Hz/秒の音波振動で強い水流を作り出し、ブラシが直接触れていない歯と歯の間まで綺麗にできます。

超音波歯ブラシ

歯ブラシのヘッドから音波ブラシより高い160万~200万Hz/秒の超高速振動を発生させます。
音波ブラシではプラークに潜む何億という細菌を物理的に除去するのですが、超音波歯ブラシは細菌構造そのものを破壊するので、歯の表面にプラークが付きにくくする効果もあります。

 

歯科医オススメの電動歯ブラシはこれ!

で、結局どの電動歯ブラシが良いんでしょうか?

歯医者に聞いてみた所、ズバリオススメは2つだけ!

第1位 Philips ソニッケアー フレックスケアープラチナ

フィリップス社製の音波式の電動歯ブラシ。
フィリップス独自技術の「音波水流」で歯の隙間の歯垢を除去できる。さらに水流の力で珈琲やタバコなどのステイン(着色汚れ)も減少させることができる。

ここではあえて機能の少ない「フレックスケアープラチナ」をオススメ。

上位機種にはない機能である3段階の強さ設定と「加圧防止センサー」で、電動歯ブラシ初心者でも適正な力で歯を磨けます。

電動歯ブラシに慣れていて、色々が機能が使いたいという方は「ダイヤモンドクリーン」を使ったほうが良いです。
こちらは歯と歯茎に優しいセンシティブモードと、歯ぐきケア用のガムケアモードが付いています。

第2位 Brown オーラルB

プラークの除去力はソニッケアーよりも優れているとも言われているオーラルBですが、なぜ2番目なのか。

それは毛先の形です。オーラルBは回転振動のため丸型の毛先になっています。
これは歯医者でも使われているブラシと同じ形なのですが、特殊な形状なので磨くのに技術が必要なのです。
自分で綺麗に磨けるようになるまでに練習が必要で、ハードルが高いので第2位となりました。
ただし、磨き方を習得してしまえば最強!

まとめ

どんなに良い電動歯ブラシを使っていても、使い方を間違っていたら全く効果がありません。まさに猫に小判状態!
正しいブラッシングの仕方を学んで磨けば、虫歯、歯周病になることはないでしょう。

ソニッケアーの使い方、磨き方(Philips公式)

電動歯ブラシでも、ブラッシング方法を間違えていると効果がありません。そんなに難しくないので、是非正しいブラッシングを覚えてください。
大事なことなので2回言いました。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 健康