Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴っていきます。

秩父の名峰「武甲山」 鍾乳洞もあるよ

      2016/06/15

2015年3月27日
コース:横瀬~武甲山~鍾乳洞~浦山口駅
コースタイム:7時間


今回は秩父の名峰と呼ばれる武甲山に登ってみることにしました。

スタート地点は横瀬駅。登山口までは約5kmほどあり、地図のコースタイムだと1時間50分。
駅から登山口まではタクシーで行くのが定石みたいですが、歩けない距離ではないので今回は歩いていくことにします。

出発前に駅のトイレに行っておきます。
山頂のトイレが4月30日まで閉鎖されており、下山するまでトイレはございません。

駅に着くと、特徴的な山容の武甲山が見えます。IMGP4543信仰の山なのに遠慮なくガッツリ削られてます。
山の神?なにそれ?みたいな。

登山口までは所々に指標があるので、迷うことはないです。IMGP4541

途中、三菱マテリアルの工場地帯を抜けていきます。IMGP4550
石灰の臭いがツーンと鼻をつきます。

何台ものタクシーに抜かれながら1時間40分ほどで登山口に着きました。
IMGP4553
凶悪な顔の狛犬がお出迎え。IMGP4554

もう既に2時間近く歩いているので軽い満足感がありますが、まだ登山口です。
地図によると、ここから山頂までは2時間20分とのこと。

9時55分 山頂へ向けて出発!

歩いて10分くらいするとイワナの養殖場が見えてきます。IMGP4555
秩父イワナといって、育てるのが難しくここにしかいない珍しい魚だそうです。

更に20分進むと、不動滝があります。IMGP4559これが登り最後の見所です。しっかり目に焼き付けておきましょう。

ここからはひたすら眺望無しの杉林。
1月に登って辛かった両神山の日向大谷コースよりも変化に乏しいですね。
黙々と登ります。精神的に辛いです。

11時00分
登山口から1時間くらい歩くと大杉の広場につきます。

広場のど真ん中に巨木が立っております。

ここで少し休憩。
気温が低いのか、止まるとすぐに体が冷えてきます。

看板には残り50分と書いてあります。

ここ以降も最後まで眺望なしの杉林です。上のほうは少し凍結していました。IMGP4564

精神的疲労感が凄い!

11時50分
閉鎖中の武甲山山頂トイレが見えてきました。IMGP4565

トイレを見てると行きたくなってしまうので、足早に通り過ぎます。

IMGP4567

武甲山御嶽神社の脇に山頂へ続く道がございます。
IMGP4568

11時52分 登頂!
そして、今日初めての眺望である。
IMGP4569白~い!

残念ながら薄曇のため、手前しか見えませんでした。

そして下を見ると、痛ましい光景が・・・。
山が平らになっちゃってます・・・悲しくなるので下は見ないようにしましょう。

IMGP4573

頂上の気温は4℃。
風もなく、暖かく感じるはずなんですが体感温度は4℃以下です。寒い!

寒いのでさっさと食事を済ませて、下山です!

浦山口方面へ進みます。IMGP4574こちらも眺望なし杉林・・・
IMGP4575

と思ったら、ほんの一瞬だけ眺望が!これだけでも救われます。IMGP4578

更に下ると沢が出てきます!IMGP4583こっち方面のほうが変化があって面白い。
登りがあれだったんで、凄く楽しく感じます。ありがたや。

14時10分
食欲をそそる看板が立っています。
IMGP4584

もちろん入ります。
中に入ると「暖かいお茶どうぞ!」と嬉しいお言葉。

しばし休憩をして、すぐ裏に鍾乳洞があるみたいなので行ってみます。

入場料は200円。IMGP4586
洞内撮影禁止なので、写真はありませんが、なかなかワイルドでした。
200円の価格設定が絶妙。100円だと安いし、300円だと高く感じる。そんな内容。

中はかなり狭く、ザックを背負っていたら確実に引っかかります。
入り口に荷物置き場があるので、絶対置いて行ったほうがいいです。

鍾乳洞から浦山口までは10分ほど。
IMGP4588

運よく駅に着いたと同時に電車が来たので飛び乗ります。

駅から登山口までも含め、標高差1,100mと、登りがいのある山でした!

スギ花粉にやられ、今鼻水をたらしながらブログを書いている次第でございます。
これ何とかならないかなぁ・・・。

武甲山が載っている地図

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記