【秀麗富嶽シリーズ】本社ヶ丸~清八山

      2016/02/25

2015年3月30日
ルート:笹子駅~本社ヶ丸~清八山~笹子駅
コースタイム:6時間30分


今回は第十二番目山頂、本社ヶ丸と清八山。

前回同様、笹子駅でおり、本社ヶ丸(ほんじゃがまる)へ。

本社ヶ丸へは駅のすぐ近くの林道から行けます。アクセスはかなりいいです。

笹子駅から本社ヶ丸の標高差は約1000mと地味につらい。

8時20分 笹子駅出発です。

駅の脇の道を入って行くと鶴ヶ鳥屋山方面の標識があるので、標識通り進みます。

10分しないくらいで林道に入ります。
さっそく写真を撮ろうとしたら、なんとフォーカスが壊れていてピントが合わない・・・。
前回落とした時に壊れたようだ。こうなったらただの重り・・・こんな快晴の日に撮影ができないとは・・・。

泣く泣く先に進みます。

1時間50分ほどで鶴ヶ鳥屋山と本社ヶ丸方面の分岐です。
ここまではかなりの急登で一気に700mほど登ります。

分岐から20分程で角研山(1377m)

この先から雪と泥道が増えてきてかなり滑ります。
慎重に歩き、11時36分本社ヶ丸山頂。image1 (1)

ここからの眺めは絶景。富士山はもちろん八ヶ岳や南アルプスがくっきりと見えるパノラマです。image3

写真はiPodで撮ったため悲しい画質・・・。

40分ほど昼食時間を取り、次は清八山。

すぐ隣ですが、結構な岩場になっていてスリルを味わえます。

12時46分 清八山山頂着。ここからの眺望も最高です。image4

ここから先はひたすら笹子駅に向かって1000m下ります。
途中雪泥道で滑りそうになりつつ、2時間15分かけて笹子駅着。

2時間15分のうち半分以上は道路となっており、かなり辛いです。
笹子駅から清八山登山口まで遠すぎ!

ちなみに今日はすれ違った人が下山中に1人だけという珍しい日でした。
山頂も独り占めできたし、理想の山行でございました。

この山はアクセスいいし眺望もいいので、また誰かと一緒に来たいと思います。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記