すごい雲海に出会えた「燕岳」

      2016/10/10

2014年9月6~7日
ルート:中房温泉~燕岳 ピストン
コースタイム:1日目5時間15分、2日目4時間10分


今回の目的は山頂から星を見ることでした。

前日まで鳥海山か燕岳か悩み、天気予報で燕岳に決まりました。

2時前くらいに東京を出て、6時に中房温泉着。

仮眠1時間半取って、8時半登山口出発です。

一緒に行く2名は初山小屋泊。それもあって人気度の高い燕山荘を選んだ。

前回、北岳で靭帯損傷したので今回は牛歩で行きます。

そのおかげで全く疲れず山頂までつきました。
ちなみに13時45分着。コースタイム5時間15分。
他の二人は標高差約1,300mにやられ、瀕死。 IMGP0186

取り敢えず燕山荘にチェックインをし荷物を置き、手ぶらで燕岳山頂へ。
そして、時間的に余裕があったので北燕岳にも足を伸ばす。IMGP0221

17時前に帰ってきて、夕食です。
燕山荘の夕食は山小屋とは思えないほどしっかりしていて美味しい。

また、オーナーがホルンの演奏をしてくれる。
サービス満点です。

飯を食った後は夕日を見に外へ行くも、厚い雲に覆われ見られず。
そして、雨が降ってくる。

しょうがないので、消灯までトランプをして21時就寝。

1度4時に起きて外の様子を見る。雨。
結局、夕日、夜空、朝日ひとつも見られなかった。無念すぎる。

二度寝をし6時にもう一度外を確認。濃霧になっている。
朝食を食べ、すぐに下山の準備をする。

8時35分下山開始。

下山を始めてすぐに霧が晴れ、一面の雲海が姿を現す。 IMGP0280
幻想的な景色にしばし心を奪われる。 IMGP0287

結局、下りも牛歩で登山口に着いたのは12時45分。4時間10分。
おかげで疲れも筋肉痛もほぼ無しです。

今回初めて燕山荘に泊まったんだが、人気の理由がよくわかった。
すごく綺麗だし、飯は美味いし、サービスもいい。
料金は少し高いけど、それ以上の価値がある。
また来たいと思える山小屋でした。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記