Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴っていきます。

日記を書くことで得られるメリットについて真面目に語る

   

私が20代前半の時、mixiを使って日常の出来事を綴っていたのですが、いつの間にか登山日記となり登山日記はDaddy-Lifeのブログに変わり、日常の日記を書くことを忘れていました。

先日、 私がブラック企業に勤めていた時に書いていた日記を読み返す機会がありました。 私の中では悪い記憶の方が多く残っていて、上司にいじめられ毎日へとへとに疲れきっていたんだと思い込んでいたのですが、日記の中では意外と楽しそうでした。

そして、目の付け所が明らかに今とは違う。うーん、我ながら面白い日記を書いている。

という事で、今日は日記を書くことのメリットについて語っていきます。

日記とブログは違う

日記もブログも同じようなもんだと思うかもしれませんが、実は全然別物です。私はブログよりも日記の方が自分の精神的な面へのメリットがあると思っています。

では日記とブログの違いはなんでしょうか?

ブログ
・オンライン上に記事を公開することが前提
・不特定多数に見られる事を想定して書かれている
・語りかける相手がいるような文章になる
・全員に伝わるような内容にしなければいけない
・コメントなどで読み手の反応を見る事ができる

日記
・紙に書いても良い
・自分が読む為に書かれている
・自分だけが理解できれば良い
・どんなにブラックな事を書いても誰にも批判されない
・フリーダム

ちなみにこれは私が思ったブログと日記の違いです。

日記を書くことのメリット・デメリット

まずはメリット

  • 記憶の引き出しになる
    私は過去の事をどんどん忘れていく脳みそを持っているので、忘れても思い出せるための道具として使っています。
  • 心の安定化
    その日あった嫌な事を思い出して書き殴る!という作業をすると、怒りが収まる事が多々あります。その場では感情的になっていても、頭の中でその時の状況を整理して書き出すことで、冷静になる事が出来ます。
  • 些細な事に気が付ける
    これはブログにも言えることですが、日記を書くことが日課になってくると自然とネタを探し始めます。アンテナを張り巡らせ、普段なら見逃しているような些細なことにも気がつく事が出来て、世の中面白い事が多いなぁと気付かされます。
  • 新しい発想が出てくる(好奇心が出てくる)
    日記を書いていると面白い文章を書きたくなってきます。なんでもない事を面白く書いてみたり、面白い事を探してみたり、新しい事を始めてみたりしたくなります。

日記を書くことのデメリット

もちろんデメリットもあります。

  • 面倒くさい
    はい、とにかく面倒です。最大のデメリット。癖になるまでは「よし!書こう!」と気合いを入れないと書き始められないです。
  • モチベーション維持が大変
    ブログと違って何を書いても誰からも反応がありません。書くこと自体を楽しまないとモチベーションがすぐに低下します。まぁ、私のブログも反応がないので日記みたいなものですけどね。
  • 見られたら恥ずかしい
    なんでもありの文章なので見られたら相当恥ずかしいです。最近はアプリでも書けるのでロックをかけておけば安心。

まとめ

日記を書くと意外と良い事がたくさんあるんですが、続けるのが非常に難しい。
習慣にしてしまえばこっちのもの。まずは3か月を目標に頑張ってみましょう。3カ月続けば習慣になってずーっと続けられるでしょう。

ちなみに私は今日で3日目です。
いつもブログを書いているせいか、日記が凄まじく長くなってしまいます。
コンパクトに面白くを目指して続けてみます。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 雑記