1歳の息子と2人でサンシャイン水族館に行ってきた

      2016/12/29

最近の恒例となっています魚好きの息子と二人で水族館ですが、今回は池袋にあるサンシャイン水族館へ行ってまいりました。

サンシャインへは池袋駅東口を出て8分ほど。

池袋駅はラビリンス。あまり来ないせいか本当わかりづらい。

サンシャインに着くと、外まで凄まじい行列です。ま、まさか水族館でやっているイベントでこんなに混んでいるのか!?

んなこたぁ~ない。どうやらラブライブというアニメのイベントがあるらしく、それが凄い人気みたいです。

中に入るとイベントは始まっていて、凄まじい数の男達が一心不乱にペンライトを振り回しながら、「オッ!オッ!オッ!」と地鳴りがするほど叫んでいました・・・。
IMG_1609すげぇ・・・。

さて、サンシャイン水族館の話に戻りますが、水族館はサンシャイン10Fにあり、1階から直通エレベーターが出ています。

エレベータを降りるとすぐ隣にチケット売場があります。

チケット 年間パスポート
大人(高校生以上) 2,000円 4,000円
こども(小・中学生) 1,000円 2,000円
幼児(4歳以上) 700円 1,400円
シニア(65歳以上) 1,700円 3,400円

なかなか良いお値段しますね。場所が場所だけにしょうがないですね。

このサンシャイン水族館ですが、2011年8月にリニューアルオープンしており、凄く綺麗な水族館に生まれ変わっています。

入り口にはベビーカーを預ける場所があります。土日は非常に混んでいるので、子供がある程度歩けるのならベビーカーは置いて行くほうが良いでしょう。IMGP5617

中に入る前に、ちょうどアシカのショーが始まるみたいなので寄ってみることにする。

アシカ・パフォーマンスタイム

会場はほぼ360度囲む形で見られる。柵も無く、至近距離で見られるのでアシカの表情までよく見えます。IMGP5553

IMGP5558

鋭い笑顔を見せてくれる可愛いアシカ君。
素晴らしいパフォーマンスを見せてくれましたが、私の息子は「俺が見たいのは哺乳類じゃない魚類を見せろ」というような顔をしていたので、屋内へ進みます。

屋内に入ると、待ってましたとばかりに「フィッシュ!フィッシュ!」と奇声を上げながら走り出します。さすが無類の魚好き。

サンシャインラグーン

入るとすぐに目玉であるサンシャインラグーンがあります。ここは2011年のリニューアルで以前の2倍の大きさである240トンの水槽に変わりました。ビルの10Fにあることを考えると凄い!

240トンといっても、他の水族館の大水槽と比べると小さめで、その小さい水槽をどうやって大きく見せようかとかなり頑張ったらしいです。

奥に行くほど浅くして遠近法を取り入れたり、水槽内にある2本の柱を擬岩と照明で見えなくしたり、水槽の前面の床を取り払って深くしたりと試行錯誤をして、2倍の広さに見えるようになったそうです。

実際に見てみると確かに狭さを感じなかった。

IMGP5574

土日祝名物「人の群れ」

人が多すぎて近づくことさえ出来ません。取り合えず、近くにある刺胞動物コーナーへ。

ふわりうむ

IMGP5577

IMGP5578

独特のミュージックと光で癒しの空間になっているクラゲコーナー。アーチ上の水槽になっており、パラオのジェリーフィッシュレイクよろしく、クラゲに囲まれることが出来ます。

ミズクラゲとエチゼンクラゲ・・・しか分からない。結構水族館に行ってるのに全然覚えてない・・・。

IMGP5571

美味しそうなイカ君。いい顔してるなぁ。

と、ゆっくりと軟体動物を見ているとサンシャインラグーンがなにやら騒がしい。水中パフォーマンスが始まったようだ。
ダイバーのお姉さんが水中マイクを使って、魚の説明をしてくれます。

IMGP5583

ダイバーのお姉さんが大変なことになってます。お姉さんの移動にあわせて魚も移動。めっちゃ魚に好かれてます。

水族館2階 水辺の旅

階段を上がると、淡水生物コーナーに入ります。青い世界から緑の世界に。水中から陸に上がったような感じがする。

最初に目に飛び込んでくるのは半水面水槽。東南アジアのジャングルが再現されていて美しいです。IMGP5587

その他にもカエルやイグアナ、カメなどの動物コーナーがある。

最後の締めは日本の清流コーナーで、すぐ先にはお土産屋さん。

息子は1周じゃ物足りなかったらしく、このコースを3周しました。さすが無類の魚好き。

屋上エリア

屋外に出ると、サンシャイン名物「サンシャインアクアリング」がある。

透明なドーナッツ型の水槽の中をアシカがグルグルと泳いでいるのを見られます。

IMGP5608

真下からも見ることが出来、泳いでいるアシカと目が合います。

その先には、なぜかアルマジロとアリクイが一緒になった檻がある。え?水族館なのに?

IMGP5601

その目の前にはペンギン達が泳いでいる・・・。IMGP5602

そして、その奥にはペリカンが・・・。
IMGP5603
突然屋上エリアだけ統一感が無くなりました。「よーし!魚じゃないのは全部屋上に持っていくか!」みたいな。

まとめ

狭いながらも各所に狭さを感じさせないように工夫が散りばめられていて、気持ちよく見ることが出来ました。
しかし、とにかく混んでいます。池袋のど真ん中ですし、気軽に来られますからね。土日となると大変な混雑になります。

アシカのショーや、水中パフォーマンス中に他の場所が空くので、そこを狙って他の水槽を見ると比較的良いかもしれない。

 

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - お出かけ, 育児