【ロックガーデン】4歳の息子を連れて御岳山ロングトレイル!

   

10月7日。10月だというのに台風の影響で天気予報は真夏日。

そうだ!山に行こう!

行き先は奥多摩にある御岳山。

今回は4歳の息子と誕生日が2日違いの友達も一緒に登山です。

ルートはケーブルカーで上まで行き、七代の滝、ロックガーデン、綾広の滝を周って帰ってくる滝あり、岩あり、苔もありの充実コース。

全長:約5.6km
コースタイム:4時間30分

4歳には少し長めのルートだが、変化があって楽しく飽きないので最後まで歩き通せると判断。挑戦してみた。

アクセス

まずは電車で 2時間ほどかけて御岳駅へ向かいます。立川で青梅線に乗り換えて、青梅のさらに奥にある御岳駅。東京の奥の奥!

御岳駅からケーブルカー乗り場まではバスで向かいます。

バス停は御岳駅の目の前。長蛇の列ができていた。

バスは1時間に2本しか出ていません。運賃は片道280円。
歩いても行けますが、歩くと徒歩50分ほどかかるので。4歳には少し厳しい。

御岳登山鉄道バス時刻表

バスを降りてすぐの所にケーブルカー乗り場があります。

ケーブルカーはSUICA/PASMO対応で、改札でピッとすると子供が喜びそうな記念カードみたいなものが貰えます。

手前に券売機があって人が列を作って並んでるが、そのままスルーして並んじゃって大丈夫です。

御岳登山鉄道ケーブルカー時刻表

乗車時間は約6分。息子はこの間にカードを落としてなくしました。早い!

御岳山駅の目の前は御岳平という広場になっていて展望台があります。

スタート地点に到着!

ハイキング開始

売店があったので、歩き始める前に腹ごしらえ。
定番の山菜そば・うどんやカレーライスなどがある中。珍しい山菜ラーメンがあったので、それにしてみる。
味は山菜そばのラーメンバージョン。あっさりしていてラーメンなのに体に良さそう。

ここから更にリフトで上に上がります。この上には安産社というパワースポットがあるそうです。
一人用のリフトなのですが、小さい子であれば膝の上に乗せてもOKです。超低空飛行&低速なので全く怖くないです。

リフトを降りた所からは遠くまで見渡せ、スカイツリーまで見ることが出来る。絶景!

ここから御岳神社方面へ向かいます。

レトロな雰囲気を醸し出している御師集落を通り過ぎると武蔵御嶽神社へ続く階段が現れる。


今回は神社には行きませんので、七代の滝方面へ向かう。

滝まではひたすら下り道。子供達は段差が大きいところもピョンピョンと飛びながら下りている。この下り方を大人がやったら確実に膝が破壊されるな。子供すげぇ!

今回のルートの最深部である七代の滝(ななしろのたき)に到着!

滝の周りは石が濡れていて滑りやすいので細心の注意を払って子供たちを誘導する。

人が多いので、ほとんど休憩をせずに次へ進みます。

七代の滝から天狗岩までは急登が続くが、鉄の梯子や木の根っこの階段などがアトラクションみたいで楽しく登れる。

ロックガーデン手前の天狗岩。4歳には危険なので登らせない。
岩の上には面白いものがあるらしいので、大人だけで行ってみると良いかも。

さて、ここからは今日のメインイベント「ロックガーデン」である。

ロックガーデンは、苔むす大岩の間を流れる沢沿いを歩ける癒やしスポット。

秘境感漂う。でもここは東京。

何度も岩をジャンプしながら渡渉。これは楽しい。

いつもだったら抱っことか、疲れたとか言うのに今日は終始元気いっぱい。やっぱり自然の力って凄いなぁ。

そして最後のポイント「綾広の滝」

高低差があって美しい滝だ。

さて、後はケーブルカーまで戻るだけ。
子供たちの体力はまだ有り余ってるらしくずっと走っている。
いつもの「疲れたー」は嘘だったのか?メチャクチャ体力あるじゃないですか!

帰りに気付いたけど、階段に鬼が覗いていた。細かいところ凝ってるなぁ。

16時40分 御岳山駅に到着

まとめ

今回は初めて息子と御岳山に来たが、施設も充実しているし、自然も豊かで見どころ豊富。

ロープウェイを使えば、4歳でも余裕でロックガーデンまで回ることができる。子供のファースト登山には最適な山かもしれない。

街の中だったらすぐに疲れたというのに、御岳山では終始ご機嫌。これは絶対自然から力を貰っているとしか考えられない。

やっぱり人は自然の中にいるときが一番力を発揮できる!間違いない!

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - お出かけ, 登山