Daddy-Life

趣味の登山や育児の事など日々のダディーライフを綴るブログです。

標高2000m!4歳の息子と秋の美ヶ原高原ハイキング

      2018/11/20

2018年10月21日

久しぶりに週末の天気が秋晴れ予報。
もともと家族で西沢渓谷か美ヶ原高原へ行こうと計画していて、本当は西沢渓谷へ行く予定だったが、紅葉の進行状況をみると来週が見頃らしい。

と言う事で、西沢渓谷は来週に回して今回は初めての美ヶ原高原。

美ヶ原は日本百名山の1つに選定されているが、高低差がほとんどなく登山というより高原のハイキングなので家族で行けるようになるまで温存していました。
前回の御岳山登山で息子の体力レベルが分かり、美ヶ原も問題なく歩けるだろうと判断したので行ってみる事にしました。

【ロックガーデン】4歳の息子を連れて御岳山ロングトレイル!

10月7日。10月だというのに台風の影響で天気予報は真夏日。 そうだ!山に行こう! 行き先は奥多摩にある御岳山。 今回は4歳の息子と誕生日が2日違いの友達も一緒に登山です。...

daddy-life.com

先週から咳が止まらず、全然治らないまま出発日を迎えてしまいました。でも、平坦な道を歩くだけなので催行決定!

久しぶりの秋晴れで大混雑が予想されるため、朝6時台くらいには歩き始めたかったけど、家族連れなので超早朝出発は諦める。なんだかんだで普通に6時に家を出発。

駐車場

美ヶ原高原主峰の王ヶ頭へアクセスするための駐車場は全部で3つあります。

美ヶ原高原美術館駐車場 / 山本小屋ふる里館駐車場 / 長野美ヶ原自然保護センター駐車場

今回はその中でも一番長く、見どころの多い美ヶ原高原美術館から歩くことにしました。

出発が遅かったため朝から渋滞に巻き込まれ、美術館についたのが9時半でしたが、まだまだ駐車場は空いていました。

今回のルートは美ヶ原高原美術館~王ヶ頭までのピストンで8km。累計標高差は約200mなのでほぼ平坦です。

コースタイムは往復で3時間ほど。小さい子供でも余裕でございます。

駐車場の裏手に登山口があります。

美術館から木道を歩いて牛伏山へ向かう。

20分ほど気持ちの良い木道を歩く。

ほとんど登ってないのに牛伏山の頂上に到着してしまった。

牛伏山山頂からは御嶽山、北・中央・南アルプス、八ヶ岳、浅間山など、一帯の山が全て見渡せる絶景スポット。

妻と息子に一生懸命「浅間山はもう冠雪してるね!あれが白馬三山!おっ!立山連峰もハッキリ見えるな!」などと話しかけても、二人は全く興味を示さず先に行ってしまった・・・。悲しいなぁ。

牛伏山からは次のポイントである山本小屋ふる里館がみえます。

完璧に整備された石段を降りていく。

山本小屋ふる里館に到着。

ここは宿泊施設でもあって、絶景を見ながらお風呂に入れます。

売店ではコロッケやソフトクリーム、おやき等、品揃え豊富。

私達はこけもも&バニラミックスソフトクリームをいただく。

ここからは牧歌的な風景の中、牧場の中を突っ切るような形で敷かれた砂利道を歩いていく。

5月下旬から10月中旬くらいまで間は、この牧場に牛の放牧が行われていて、THE 牧場!という風景が見られるのでオススメです。

放牧が終わって牛がいないので、かなり寂しい風景となっております。


こんな感じなので、牛が放牧されている時期に来ることを強くお勧めします。

牧場を超えた丘の上を見ると、モンサンミッシェルよろしく、孤高のホテルが建っている。

今回の目的地王ヶ頭ホテルだ。
ホテル周辺には景観とはミスマッチな電波塔が乱立していて、まるで要塞のような迫力だ
絶対地下に秘密基地があるよ。これ。

中間ポイントには美ヶ原のシンボル「美しの塔」が建っています。


広い牧場の中にポツンと佇んでいる姿が寂寞感を醸し出している。
今度誰もいない時間帯に来てみたい。想像するとゾクゾクする。

美しの塔の少し先に塩くれ場という分岐がある。

まっすぐ行けばアルプス展望コース、右に行けば最短距離で王ヶ頭。

時間的にも息子の体力的にも、今回は距離が短い王ヶ頭方面へ。

後は要塞もといホテルへ向かって歩いて行くだけ。

あっと言う間に王ヶ頭ホテルに到着!

こんなに何もないところにホテル。退屈じゃないんだろうか?と思ったけど、ホテル主催の様々なイベントを用意していてお客様を飽きさせないような工夫をしているらしい。

更にハイレベルなホスピタリティーでリピーター率もかなり高いとのこと。キッズスペースや家族風呂などもあり、家族連れで泊まる人も多いみたい。今度泊まってみたいなぁ。

レストランで食事をしてから周辺を散策。

ホテルの少し先に山頂の王ヶ頭。

ここからの景色は先ほどまでの牧歌的な風景とは打って変わり、厳つい風景。

絶壁沿いを通る道がアルプス展望コース。

帰りはアルプス展望コースを歩いてみたいけど、コースタイムが少し伸びる。息子が疲れたみたいな事を言っているので来た道をまた戻ります。

行きに通り過ぎたときに気になっていた「山のきのこ」


ここでは山キノコの販売やキノコ汁などを購入できる。


キノコたっぷりキノコ汁(200円)。うまい!

息子はキノコ汁を食べたら急に元気になり、美術館まで走って戻りました。

疲れてないやないかーい!

子供は食えば動けるようになる。ということが良くわかりました。

まとめ

今回は牛さん達が下山してしまった後なので、少々寂しい風景でしたが、5月下旬から10月中旬までにくれば、良い感じの牧場風景を見られます。

特に美しの塔~王ヶ頭までは景色の変化が少なく、小さい子供だと飽きてしまう可能性があるので、美しの塔まで行って引き返しても良いかもしれないです。

牛がいる夏の時期に家族で王ヶ頭ホテルに泊まりに来てみたいものだ。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記