ゴンドラに乗って天空のお花畑へ!5歳の息子と入笠山プチ登山

   

8月25日 家族で登山に行ってきました。

いつも家族で行く時は山選びで悩む。

今回は下記4点を踏まえて、山選びをしてみました。

1.晴れていること
2.コースタイムが長すぎないこと(4時間くらい)
3.低山は暑いので標高高め。でも高すぎない。(2,000m以下)
4.まだ登ったこと無い山

その条件で引っかかったのが、南アルプス最北部にある標高1,955mの山。入笠山(にゅうがさやま)です。

長野県富士見町にある富士見パノラマリゾートのゴンドラを利用し、標高1,780mまで行くことができます。
観光地化されていて整備も行き届いているので初心者にも人気の山です。

今回のルート

登山日:2019年8月25
コースタイム
山頂駅 10:10 → 八ヶ岳展望台 10:35 → 入笠湿原 11:04 → 入笠山 11:55 → 入笠湿原 13:00 → 山頂駅 13:15
合計時間:3時間5
合計距離:4.64km
累計標高差:285m

ゴンドラを利用し、標高1,780mからのスタート。
ゴンドラ駅目の前のお花畑を散策しながら、八ヶ岳展望台へ。
その後、入笠山湿原を抜け、山頂へ。そのままゴンドラ駅まで戻ってくるコースです。

登山開始!

早速、チケット売り場でゴンドラチケットを購入。

  大人 子供(小学生)
往復 1,650円 800円
片道 1,050円 500円

チケットと一緒に入笠に咲く花の冊子と各種割引券を貰える。

今日は真夏日。ソフトクリーム割引券は絶対使ってしまいそうだ。

まずはゴンドラ乗り場へ向かう。

冬はスキーゲレンデだが、夏になるとパラグライダーやマウンテンバイクのコースになる。

特にマウンテンバイクをしている人が多くて、ゴンドラからダウンヒルコースを走っている姿が見られる。

コレは絶対楽しいやつだ!

子供は6歳からで身長が130cm以上無いと出来ないみたいなので、息子がもう少し大きくなったら絶対来よう。

あっという間に山頂駅に到着。

ゴンドラ山頂駅の目の前は入笠すずらん山野草公園があり、お花畑になっている。ここでは100種類以上の多様なお花を見ることができる。

富士見パノラマって冬にスキーをしに来ることしかなかったけど、夏はこんなに花が咲いているんだ。
全然知らなかった。

公園の奥には八ヶ岳展望台が設置されている。


いいね!見事な八ヶ岳!
この展望台には「恋人の聖地」と書かれていて恋のパワースポットらしい。
確かに夕方とかに来るとロマンティック!?

さて、お次は入笠湿原に向かいましょう。

さすが高所なだけあってとっても涼しく爽やかな風が吹いていて快適。
気持ちいいハイキングコースを15分ほど歩くとすぐに入笠湿原に到着します。

見事に緑一色!夏ですねー!

6月にはニホンスズランの群生を見ることができるそうだ。
それ以外の季節にも入れ替わり色々な花が咲く。


湿原を抜けて、11時6分 山彦荘に到着。


トイレ休憩だけして、そのまま進みます。


マナスル山荘の手前で、お花畑コースと登山道コースを選ぶことができる。

せっかくなので、行きはお花畑コースを通ってみよう。


ここのお花畑もたくさん花が咲いていてキレイだ。


シモツケソウやエゾリンドウ、ワレモコウなど大量の花が咲いている。

お花畑を抜けると、今日一番の急登が現れた!

息子が「つかれた!」と言い始めたが、山頂に行って戻ったらアイスを食べようと言ったら気力回復。
急にペースが上がった。

急登を10分ほど登ると岩場コースと岩場迂回コースの分岐があります。
ここは楽しそうな岩場コースを選ぶ。


どんなに激しい岩場が待ち受けているのかと思ってワクワクしながら登っていたが、途中1箇所だけ鎖場があった。

え?もしかして、この段差が岩場?
思い切り肩透かしだ。

この後は特に岩場は見つからずに登頂。

山頂はとても広く、大勢の人がくつろいでいた。

東方向には八ヶ岳の山々

北西には鳳凰三山や甲斐駒ケ岳、間ノ岳など南アルプスの山々がみえる。

雲は多いけど、なんとか南アルプスが見られて良かった。
ちなみに妻と息子は全く興味なし。

さて、アイスクリームを食べに戻りますか。


帰りは迂回コースを使ってみる。

迂回コースもほぼ岩場コースと似たような道だけど、岩場コースにあるような鎖場はない。


コースタイムも変わらないし、あの程度の岩場なら「右ルート/左ルート」でいい気がする。

先ほど歩いたお花畑の脇にマナスル山荘がある。
ここでもアイスクリームが食べられるが、とりあえずトイレ休憩だけ。

この先には山彦山荘もあるし、誘惑が多いなぁ。
しかし、ゴールしたらアイスクリームと聞いている息子の足は速い!

凄い勢いでゴールに向かって歩いていく。

アイスクリームパワーだ!

最後の長い階段も息子は凄まじい速さで登っていく。

私も走って階段を駆けのぼるが、追いつけない!
速い!子供の身軽さ半端ない!

この階段を登ってしまったらゴールしたも同然。

13時15分 山頂駅に到着。

子供の足でも往復3時間なので、普通に登ったら2時間くらいで戻ってこれそう。
とってもお手軽登山でした。

そして、待望のソフトクリーム。

富士見町の特産品である赤いルバーブを使ったソフトクリーム!バニラとのミックスを頼んでみました。
ルバーブは酸味が強い植物で、よくジャムなどにして食べられています。

バニラの甘みとルバーブの酸味がマッチして美味い!

登山を頑張った息子も満足げな顔でソフトクリームを舐めるのであった。

まとめ

コースタイムが短く、ソロではなかなか行く機会がなかった入笠山。
今回は5歳の息子と虫を探したり、捕まえたりしながらゆっくりと歩きました。それでも3時間で山頂を往復できてしまうお手軽さ。
今度はすずらんが咲き誇る6月に来てみたいな。

あ、それからルバーブを売店で買って家でジャムにして食べたんだけど、激旨でした。


もしルバーブを見つけたら是非買ってみてください。

入笠山が載っている地図

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記