【親子登山】久しぶりの登山!5歳の息子と閑散とした高尾山を歩く

      2020/09/01

コロナの影響で私は会社が休業、息子も幼稚園が休園。
私達2人は暇を持て余しているのである。

久しぶりに山にでも行ってみるか。

冬の寒さとコロナの影響で去年の11月から山に登っていない。こんなに期間が空いたのは登山を本格的に始めてから初めてのことだ。

行き先は高尾山にして、息子と一緒に鈍った体の調子を確認しよう。

今回のルート

登山日:2020年6月10
コースタイム
稲荷山ルート登山口 08:47 → 高尾山 11:04 - 11:45 → 1号路登山口 13:28
合計時間:4時間41分
合計距離:7.6km
累計標高差:470m

ルートは稲荷山コースを登り、1号路を通って帰ってくる王道ルート。

帰りは京王線 北野駅近くにある「竜泉寺の湯」に寄って帰ってきました。

出発!

いつもならハイカーで混雑する高尾山口行きの電車も平日だからか、コロナ禍だからか、いつもより空いていた。

高尾山口駅で降りる人もまばらで、過去10回以上登っているけど確実に一番空いている。

ロープウェーに向かう道もほとんど人が歩いておらず、なんとも寂しい。

今日は真夏日。
朝8時台なのに気温は30度に迫っている。

ルートは稲荷山コースを選択する。

静かだ・・・いつもこのくらい静かだといいのに・・・。
なんて思いながら息子と一緒に昆虫を探しながらゆっくりと登る。

すると突然、息子が「ホタルがいる!」と叫んだ。

こんな山の上にホタルがいるわけ・・・

ほんまや!

確かにホタルだ。ヘイケボタルかな?

他にもベニボタルやクロアゲハなど様々な昆虫を見つけながら歩いていると、ガサガサと草むらから音がした。
目を向けるとアオダイショウが逃げていくのが見えた。

この他にも、もう一匹アオダイショウに遭遇した。やっぱり人が少ないから登山道まで出てきてるのかな?

アオダイショウは毒もなく、怒らせない限り襲ってこないので安心。

頂上に近づいてくると、白い蝶?が無数に飛んでいた。
それはもう半端じゃない数でとっても幻想的。

見た目は蝶みたいで綺麗だけど、キアシドクガという蛾の仲間です。名前にドクガって付くけど幼虫~成虫まで無毒だし、遠くから見ると蝶なので嫌悪感は無いかな。
毎年この時期になるとキアシドクガが乱舞するそうです。綺麗だ!

11時4分 高尾山山頂到着!


この時間にこの人の少なさは凄い。もう二度と見られない光景かも。

いつも混んでいて入らない売店もスカスカだったので、初めて中に入って蕎麦を頂く。

暑い日に食べる冷たい月見そばはめちゃくちゃ美味い!
1分で完食。

帰りは1号路をゆっくり帰る。

いつも凄い人混みの薬王院も閑散としている。

ソフトクリームを食べて熱中症対策をしながら、元気に下山。

1号路も人っ子一人いない・・・。
そういえば以前始発で来たときはこんな感じだったな。

13時28分 登山口に到着。

いや~、快適な高尾山登山だった。人がいない高尾山は最高だな。

さて、帰りは温泉に寄って帰りますか。

竜泉寺の湯

こんなに空いているので、高尾山口駅直結の極楽湯に行ってみたかったけど、時間があるし、子供でも楽しめそうな竜泉寺の湯 八王子みなみ野店に行ってみることにした。

竜泉寺の湯は京王線 北野駅から無料シャトルバスで10分くらいのところにある。

アクセスが悪いけど、風呂の種類も多く、施設が充実しているのでゆっくり出来る。

引用:竜泉寺の湯 八王子みなみ野店公式サイト


風呂に入った後、レストランで食事をしたり2時間位ノンビリしました。
この温泉凄い良かった!また来よう!

まとめ

今回の高尾山はとにかく空いていることに感動した!
前後の登山者を気にすることなく子供とゆっくり歩けるし、売店や食事に並ぶこともないし快適の一言。

こんな高尾山なら何回も来たいなぁ。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記