バンコク一人旅の記録(1~2日目)

      2016/03/24

12月13日~12月18日まで冬休みを使って3泊6日のタイ一人旅へ行ってきました。
タイへ一人旅と言うといかがわしく聞こえますが、普通の観光です。

今回はAirだけで10万弱もするのにツアーだと8万くらいだったので、HISの全部自由行動のツアーを使いました。
ホテルはセンチュリーパーク(Bクラス)です。

***1日目***

JL033便 00時30分出発なので、仕事後にそのまま羽田へ向かう。蒲田からバスが出ていて、20分くらいで羽田国際ターミナルまで着きます。IMG_0119

時間があったので夕食を食べることにした。「つるとんたん」という羽田国際線ターミナルにあるうどん屋がどうも人気らしいので、そこに行ってみることにした。行列が出来ている・・・。
ここは変わったメニューが多く、チーズや明太子を使ったうどんや牡蠣チゲや竜田揚げを使ったうどん等がある。
235511_1850649763_145large今回は「明太子のおうどん」にしてみた。うどんの量を選べるので、3玉で注文。

235511_1850649761_134large

ドンッ!!!皿が顔よりでかい! 味は普通、麺はコシが強め。

会計の時に聞いたら、麺だけで800gだそうです。どおりで腹一杯になるわけだ。

WEBチェックインを済ませていて、荷物もリュック1つだったので、直接ゲートへ直行。楽だ。

通路側に座り、隣には旅慣れてそうなオジサン。離陸後にそのオジサンが一生懸命枕を膨らませていたんだが、膨らませ終わった瞬間に枕を膝に置いたまま眠りに落ちた。枕使えよ・・・。そのまま、着陸直前まで眠り続け、結局使わずに空気を抜いてました。

着陸前には朝食として弁当が出ました。冷めてたけど・・・。まあまあの味。IMG_0124

***2日目***

そんなこんなで約7時間のフライトを経て、朝5時10分 無事バンコク スワンナプーム国際空港へ到着。飛行機から外に出た瞬間の匂いが好きです。
冬とは言っても常夏。汗が流れるほど暑いです。でも、嫌な暑さじゃないし、暑いの好きなので大歓迎。

空港ではガイドが待っていて、他の客を待つため20分ほど足止め。その間に日本で契約してきた海外用WI-FIの設定をする。東京ほどじゃないけど、それなりの速度が出ます。
6日間で約7000円と高いので迷ったけど、契約して大正解。分からないことがその場で調べられることはかなり大きい。
今回の旅行でこれが無かったら旅の内容が大幅に変わっていた。危なかった。

空港からホテルまでは大体40分~1時間。交通状況による。
そういえば、両替してなかったと思いガイドに言うと。「2万円分あるから両替デキルヨ!」と言われたのでしてもらった。2万円で7000バーツ。1バーツ2.85円。妥当レート。

6時半頃センチュリーパークホテルに着くとチェックインは9時にはできるとのこと、時間が2時間半もあるので、まず1時間ほどホテルの周りをウロウロ散策。
その後、アソーク駅にあるHISバンコク支店 スクチャイラウンジ(タイムズスクエア11階)でタイ式マッサージ1時間無料券を貰えるとのことなので行ってみた。

ホテル最寄駅の「Victory Monument駅」までは徒歩10分。微妙に遠いが、とりあえず地理感覚をつけるために歩く。
途中屋台で色々なものが売っていたが、危険な匂いがするのと機内食で腹が減ってなかったのでスルー。

IMG_0135

アソーク駅まではBTSスクンビット線に乗って1本で行けます。確か30バーツだったかな。
切符はENGLISH対応してるので、問題なく買えました。しかし、BTSの切符は硬貨しか対応しておらず、わざわざ駅員に言って両替してもらわなきゃならない。
窓口に金出して「チェンジ!」っていうだけですぐ両替してもらえます。

アソーク駅に着くとすぐ目の前にタイムズスクエアが見える。ちょうど9時だったので、HIS支店に直行。

IMG_0130

マッサージ無料券をもらい、「無料券が使える一番近いマッサージ屋はどこか」と聞くと、7駅も先のファラムポーン駅にあるバンコクセンターというホテルにあるという。遠いー!
でも、しょうがないから10時に予約。1時間後です。

今度はMRTを使っていきます。MRTは紙幣が使えます。紙幣を入れると黒いコインが1枚だけ出てきました。あれ?お釣りは?なぜか吸い込まれてしまいました。WHY!

黒いコインは改札機にかざすだけで通れます。意外とハイテクです。

バンコクセンターの門を入ると奥の方に怪しげなマッサージの店があります。担当はゲイっぽい男の人でした。腕は普通。

満足できなかったので、違うスパを受けることにした。
事前に調べておいたカオマンガイ(チキンライス?)が美味しい店の近くに7th Senseスパという良さそうな店があったからそこにする。

スパはチットロム駅 伊勢丹の近くにあります。スパの近くが外貨両替エリアになっている。「スーパーリッチ」という両替所が高レートのことだったので、そこで両替する。
30000円⇒10965バーツ 1バーツ 2.73円!素晴らしい。

ちょっと探したけどすぐにスパの店を見つける。IMG_0133
まずは40分後に予約をして、その間にカオマンガイを食べに行く。

カオマンガイが美味しい店の名は「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(Raan Kaithong Pratunam)」。

店に着くと激混み。さすが人気店。行列とか作らないで、席が空いたらすぐ座るスタンス。座って気づいた。タイ語話せない・・・。けど、英語でチキンライスと言ったら通じました。40バーツです。安すぎ。

IMG_0131

質素な料理だけど、非常にいい味してます。これは美味い。これが辛くないタイ料理か!

満足してスパへ向かう。ここではアーユルヴェーダ+アロママッサージ2時間。なんと1800バーツ 安い!東京で受けたら2万はするよ!
担当は50~60のオバチャン。シャワーを浴びて全裸になる。タイでは基本的にスパは全裸らしいです。恥ずかしくないように照明はかなり暗くなります。なるほど。

オバチャンのマッサージで半分意識を失いながら一瞬で2時間終了。飛行機の疲れがぶっ飛んだ。

ホテルに帰りチェックインし、余計な荷物を全て出す。身軽になり町に繰り出します。そしてまたスパです。初日に健康になり残りを耐え抜こうという算段です。
次はラマ9世駅の近くにある健全な大型マッサージ屋。ここでさらに1時間30分。

夕食はMKレストランでタイスキ一人鍋。自分で材料を一つずつ選びます。種類が豊富で迷ってしまうのだが、夜遅かったため早く決めろみたいな感じで店員が注文を聞いてくる。適当に選んで7品で299バーツ。やっぱり鍋はみんなで来ていろいろな種類を食べたいですね。

IMG_0138

 

帰りにゴーゴーバーで有名なナナ駅 ナナプラザへ行ってまいりました。IMG_0140

お店には入らず1往復だけして帰ってきました。
異世界だ!なんとも活気に満ち溢れている。今度は入ってみよう。

ということで、スパ三昧な一日が終了!結局初日はスパしかしていない。中毒になりそう。
何度も言いますが、いかがわしいスパじゃないですよ。

3~4日目に続く

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 旅行