GOTO東北!紅葉に染まる秋田駒ヶ岳&八幡平1泊2日の旅

   

10月8日 そろそろ東北の紅葉が見頃とのことなので、紅葉の聖地栗駒山に行こうと、GOTOトラベルキャンペーンを利用し新幹線利用の1泊2日の旅行を手配した。

しかし出発3日前くらいから天気予報が怪しくなり、前日には雨予報。なんてことだ・・・。

悩んだ末、急遽行き先を変更。かなり遠いが秋田駒ヶ岳に行くことに決めたのである。

今回のルート

登山日:2020年10月8
コースタイム
駒ケ岳八合目 05:26 → 片倉岳 05:55 → 男女岳 06:39 → 男岳 07:14 → ムーミン谷 07:58 → 横岳 08:56 → 焼森 09:04 → 駒ケ岳八合目 09:36
合計時間:4時間10分
合計距離:8.8km
累計標高差:716m

八合目登山口から阿弥陀池を周り、秋田県最高峰の男女岳に登頂。そこから男岳経由でムーミン谷へ。横岳、焼森を超えて八合目登山口に戻ってくるルート。

1日かければ乳頭山まで行けたが、生憎の曇り空だったため次回にとっておくことにした。

急遽行き先変更

今回は前述した通り栗駒山に行くためGOTOトラベルキャンペーンを利用した。

栗駒山の最寄り駅である一関駅周辺に宿泊するプランがなかったので、少し手前の仙台までの旅行を手配し、そこから先はレンタカーでアクセスすることにした。
仙台から栗駒山登山口までは1時間半ほどなので射程圏内だ。

東京から仙台までの往復新幹線&宿泊で15,600円。レンタカーに地域共通クーポン4,000円分を利用し850円。
合計16,400円という超格安旅行となった。

しかし、行き先が秋田駒ヶ岳に変わった。仙台から秋田駒ケ岳までの距離は約246km!車で4時間近くかかるのである・・・。想定外。

どうせここまで行くんだから、ついでに八幡平も行ってしまえということになった。

出発!

10月7日
夕方まで用事があり、東京駅17:00出発のやまびこ149号に乗る。仙台到着は19:04だ。

いつも東北への移動は夜行バスなので新鮮だ。

着いたらすぐにレンタカーを借りに向かう。
そして精算時にGOTOトラベルでもらった地域共通クーポンが使えることを知った。
何に使おうか何も考えてなかったのでちょうど良かった!

20時。ビジネスホテルについて即就寝。

そして1時半起床。たっぷり5時間睡眠。
夜行バスと違ってベッドで寝ると疲れが残らない。

なんせ登山口まで4時間かかるからね。

東北道をひたすら北上。

5時20分 予定通り駒ケ岳八合目登山口に到着。

暗っ!
日の出は5時42分なのでもうすぐ明るくなってくるでしょう。

何となく明るいし、ヘッデンはいらない感じ。

っていうか物凄く寒い。
気温は5℃くらいだけど、急に夏が終わって寒さに慣れていないので寒く感じる。

5時26分 防寒をしっかりして出発。

少し歩くと硫黄鉱山跡が現れる。

こっちにも破線ルートがあって阿弥陀池の方へ抜けることが出来る。

取り敢えず正規ルートで片倉岳を目指す。

日の出の時間を過ぎたが、曇っているのでなかなか明るくならない。

笹森山方面もかなり紅葉が進んでいる。時間があれば歩いてみたいなぁ。

片倉岳に近づく頃には徐々に景色が色味を帯びてくる。

やっと夜が明けた。

眼下には先ほど車で登ってきた駒ケ岳線と紅葉。晴れてれば凄い景色だ。いや、晴れてなくても凄い景色だ。

5時55分 片倉山に到着!

ここから目の前に見える男女岳を周回するように緩やかに登り、逆側にある阿弥陀池へ向かう。

場所によってはかなり紅葉しているところもある。綺麗だ!

田沢湖の全貌が見えた。

田沢湖は日本一深い湖で水深423.4m。世界一深いバイカル湖になぞられて「日本のバイカル湖」と呼ばれているらしい。ちなみにバイカル湖の水深は1,642m。

木道に入るとすぐに阿弥陀池が見える。

曇っているがガスってはいないので、そこだけが救いだな。

そう思った矢先にガスが発生。おいおい!

秋田駒ヶ岳山頂直前で真っ白に包まれる・・・。

振り返ると阿弥陀池にもいつの間にかガスが掛かっているではないか。

終わった・・・。

でもせっかく来たので登頂はする!阿弥陀池から山頂までは10分くらい。

6時39分 男女岳(1,637m)登頂!ここが秋田県の最高峰。

晴れていれば360度の眺望が見えるはず!
心の目では岩手山や鳥海山など東北の名峰が見える。素晴らしい絶景。

岩木山方面だけは雲が切れていた。

さて、一度阿弥陀池に戻り男岳に登り返します。

阿弥陀池の側に阿弥陀池避難小屋がある、トイレも併設されているので快適そうだ。

左側の雲をかぶっている山が男岳だ。

男岳に向かうこの坂を登りきった先に、思わぬ絶景が待っていた。

登り切った瞬間景色が一気に開ける。

ドーーーン!

女岳である。まさに火山というような山容で、山頂付近から湯気が立ち上っている。今にも噴火しそうだ。

壮観!

少し登ると隣に小岳、女岳小岳の麓にムーミン谷も見えた。

何これ・・・凄すぎ。見事なカルデラだ。
なんか阿蘇の景色を思い出すなぁ・・・行ったことないけど。

少し歩くとすぐに真っ白。あぶねー。あの景色見られてよかった。

7時14分 秋田駒ヶ岳本峰の男岳に到着!

残念ながら山頂は雲の中。
時々雲の間から景色が見え隠れする。

待っていてもこれ以上、天気が良くなることもなさそうなので先に進む。

次は今日のハイライトであるムーミン谷へ一気に下っていく。

五百羅漢からムーミン谷へ降りる道があるんだけど、五百羅漢までの道が細くて分かりにくい。

そして途中で道を間違えたらしい。

かなり足場が悪いけど、目の前にムーミン谷が見えるのでズンズン下りていく。
あとから見たらここは登山道ではなかった。どうりで歩きづらかったわけだ。

下り切ると1本の木道が続いている。

ついに辿り着きました秋田駒ヶ岳名物ムーミン谷。
この辺りも紅葉していて非常に綺麗だ。

夏になると一面チングルマのお花畑になって、素晴らしい絶景を見ることが出来るらしい。ぜひ夏に再訪してムーミン気分を味わってみたい。

木道を抜けると大焼砂という火山灰が堆積した道が現れます。
ここを折り返し、横岳へ向かいます。

大焼砂に出ると足元に広がる大きなカルデラ!

スケールがでかい!
外輪は紅葉のピークで赤く染まっている。テンション上がる!

奥に見えるのは田沢湖か。ここから見ると違う湖に見える。
女岳の山頂は完全に雲の中に入ってしまった。

そしてこれから向かう横岳も・・・

真っ白!
太陽を一度も見ない登山っていつぶりだろう・・・。

この辺りの砂礫帯には夏の間コマクサが咲くそうだ。さすが新花の百名山に選ばれているだけある。

まぁ、これはこれでエモい景色を見られるから良いんだけどね。

8時56分 横岳到着。
もう終盤だというのにまだ9時。
この辺りで「八幡平も行っちゃおうかな」と思い始めた。

帰りの新幹線が19時10分 仙台発。

あと1時間もかからないで駐車場に着く。そこから八幡平まで2時間。12時には八幡平について、1時間くらい散歩。

八幡平から仙台駅まで3時間。余裕だ!

そうと決まれば先を急ぎますか。

横岳の先にある焼森は何もない山頂。真ん中に標柱とケルンがあるのみ。これはこれで珍しい。

乳頭山方面を見るとカラフルに色付いている。この道も歩いてみたかったけど、今回は温存して晴れている日にまた来よう。

朝は暗くて分からなかったけど、駐車場付近もかなり紅葉している。

9時36分 駒ケ岳八合目登山口に到着!
やっぱり東北の山にハズレ無しだな。いつも期待を上回る景色を見せてくれる。これだから東北の山はやめられない。

さて、次は八幡平だ。

東北道を北上し約2時間。八幡平アスピーテラインに入る。

アスピーテライン沿いは結構色付いていて、ドライブをしていて楽しい!
これは八幡平の紅葉も期待できる!ドキがムネムネ!

レストハウス直下には無料駐車場があり結構空いていた。レストハウスから歩いて3分なのに有料の駐車場の方がたくさん車が停まっていた。不思議だ。

さて、八幡平の山頂へ行ってみましょう。

山頂までは早く歩いて15分ほど。全て舗装されていて公園を歩いているみたいだ。

この公園感!そしてほとんど紅葉なし!悲しい!

鏡沼。今日は風がなくて、ちゃんと鏡面になってた!

めがね沼。近すぎて全然画角に入らない!

あっという間に頂上!
新しめの展望台があったので登ってみました。

景色はこんな感じ。

うん!登ってもそこまで景色は良くないな!

グルっと回ってガマ沼へ。

結構、観光客がいてサンダルで歩いている人もいる。山の格好してたら浮きそうだ。

そして八幡平で一番でっかい沼、八幡沼へ。

この先には茶臼岳があり、湿原が広がっているらしいが雲がかかっていて何も見えない。ここも次回のお楽しみにするか。

ツアーで来ている人も多くて、平日なのにそれなりに混雑していた。

50分ほどで軽く一周して、仙台駅に戻ることにする。

18時くらいに仙台到着。
なんと下道を走ってたら仙台に戻るのに5時間もかかってしまった。

まとめ

GOTOトラベルを利用し、栗駒山に行く予定だったが、急遽秋田駒ヶ岳と八幡平になるという忙しい旅になってしまったが、ボリューム満点の楽しい旅だった。

終日曇りだったにもかかわらず秋田駒ケ岳の紅葉は圧倒されるほど綺麗だった。これが晴れていたらどんだけ綺麗なんだ。
もし機会があればまた晴れているときに来たいものだ。でも、その前に夏のムーミン谷だな。
秋田駒ヶ岳は自分の中の百名山に入るほど良い山だ。

八幡平はアスピーテラインの紅葉が素晴らしく、ここにドライブしに来るだけでも楽しい。秋田駒ケ岳のあとに来てしまったので感動が薄れてしまったのは残念。
子供でも難なく歩けるので、観光がてら八幡平に登ってみるのも良いかもしれない。

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記