【秀麗富嶽シリーズ】お伊勢山~花咲山~岩殿山 破線ルートを行く

      2017/05/07

2017/04/16

先週、家族でお花見をしに高尾山へ行ってきましたが、残念ながら山頂は一分咲程度。桜を全く満喫できませんでした。

どこか桜が綺麗な山はないかと探して見たところ、秀麗富嶽の八番山頂である「お伊勢山」と「岩殿山」が良いらしいとのこと。
お伊勢山と岩殿山は八番山頂でまとめられているんだけど、両山は結構離れているので1日で2つ行く人はあまりいないようだ。

でも、せっかくなので今回はお伊勢山から破線ルートを辿って花咲山。一旦下山して岩殿山へ登り返すルートで行ってきました。

コースタイム
上真木 7:20 → お伊勢山 7:31-8:25 → 女幕岩 9:06 → 花咲山 9:26 → サス平 9:50 → 花咲山登山口 10:13 →稚児落し 11:05 → 天神山 11:22 → 岩殿山 12:16 → 大月駅 13:05
合計:5時間45分(お花見1時間含む)

合計距離:11km

累積標高(上り):680m
累計標高(下り) : 835m

まずはお伊勢山の桜を楽しむ

朝7時大月駅出発のハマイバ行きのバスに乗り込む。

土曜日にもかかわらず乗客は3人しか乗っておらず登山者っぽい人は私一人。
まあ、そうですよね。お伊勢山とは名ばかりで、10分で登れる丘ですし。

IMGP4747

上真木バス停で下車。最徐行と書いてある黄色い看板の方へ進むとお伊勢山だ。
上真木で一緒に降りた人はゴッツイカメラの機材を持っていた。
今、お伊勢山は桜が満開。富士山をバックに桜を写真に収めることが出来る。

しかし、あくまでも私の目的は秀麗富嶽八番のお伊勢山山頂である。
桜には目もくれず山頂を目指す。

そして登ること10分。

IMGP4753
あっけなく山頂に到着。
桜が綺麗かと思ったが、3分咲きくらい。
富士山はきれいに見えるが、桜がなんとも寂しい。

IMGP4759

さてと、さっさと花咲山へ行くか!とお伊勢山の西側に向かうと・・・

IMGP4767

おお!桜がたくさん咲いている!

桜と富士山!

IMGP4765

今年の桜はこれがラストと思い、小一時間ほど写真を撮りまくる。

IMGP4761

満足したので、次の目的地「花咲山」へ向かうことにする。

山の名前から、どんだけ花が咲いているんだろうと期待が膨らみますね。

花咲山への登山口はかなり分かりにくく、地元の人に登山口の場所を聞いてしまいました。

お伊勢山を富士山方向へ降りていくと下の鉄塔が見えます。その鉄塔のすぐ横に登山口があるので、鉄塔目指して進めばOK。

IMGP4784

花咲山を越えて岩殿山へ

IMGP4785

花咲山への道は破線ルートになっていて少し荒れ気味。

IMGP4786
少し分かりづらい道もあったが、看板やロープがあり概ね分かりやすい。あまり整備されていない道を歩くほうが登山っぽくて私は好きです。

IMGP4795

登山口から山頂まで急坂が続き、1ヶ月以上ぶりの登山なので心臓が破れそうになる。

そして今日は今年初の夏日らしく、すこぶる暑い!すぐに喉が乾くので毎回ペットボトルを取るのが面倒くさい。ハイドレーションパックを持ってくれば良かったと後悔。

途中岩の間を抜けるところもある。ワイルド!

IMGP4798

とりあえず今日の最高地点である花咲山に到着。

IMGP4801
特に眺望が良いわけでもなく、花が咲いているわけでもない。標識だけのシンプルな山頂である。

ここからは岩殿山方面へ向かって標高差400mを激しく下ります。
こちらもなかなかの急坂&砂利っぽくなっておりズリズリ滑る。しかし、今年塔ノ岳で身に身に着けた下山技術のおかげでノースリップ!安定しているぜ。

ズンズン下っていくと、突然目の前に中央道が現れる。
岩殿山を貫通しています。

IMGP4808

中央道横に出て、15分ほど住宅地を歩いて稚児落し登山口へ向かいます。

IMGP4810

ハシゴを登ったところから改めて登山開始である。
相変わらずの急登で一気に標高を稼げる。

IMGP4818

岩殿山への道に入ると途端にすれ違う登山者が激増!特に岩殿山→稚児落としへのルートを選ぶ人がほとんどなので、対向者が多いこと多いこと。
先ほどの破線ルートでは2人しか会わなかったので100倍くらいの人と出会いました。挨拶疲れ必至。

わずか20分ほどで稚児落しに到着。岩の上は少し広くなっていて人で賑わっていた。

IMGP4820

稚児落としは怖い!とか危険!とか言う前評判があったのでドキドキしながら挑んだんですが、そうでもなく肩透かしを食いました。

確かに谷側が切れ落ちているので怖い人は怖いかも。落ちたら絶対死ぬし。

IMGP4824

このあたりから残念ながら雲が出てきて日が陰ってきた。
急がないと岩殿からの富士山&桜が見えなくなるかもしれん。

稚児落しから10分位歩くと天神山があり、その先の鎖場を抜ければ最終目的地の岩殿山だ。

鎖場は2つほどあって、1つ目の鎖場は大渋滞。

渋滞中の鎖場を逆走する形となり、写真なんか撮ってたら白い目で見られそうなのでさっさと通過。

IMGP4833

鎖場を抜けると丸山公園からの石段と合流!

そしてついにIMGP4842

登頂!

午後になり霞んでいるものの富士山もバッチリ見えました。
今になって思うと秀麗富嶽の山に登って富士山が見られなかったことってないかも。
富士山に好かれてるんだな。

IMGP4836

さてと、後は桜を撮りながら帰るだけだな

と思ったけど・・・あれ?

IMGP4843

なんとここは偽山頂!富士山の剣ヶ峰的な存在があるみたいです。

岩殿山の剣ヶ峰もとい烽火台へは約3分。モノホン剣ヶ峰と違って近い!
それなら頑張って登れちゃう。

偽山頂~烽火台の間にはお花見スポットがあり、人で賑わっていました。

IMGP4837

それでは、改めて・・・

IMGP4838

登頂!!

山頂には人っ子一人おらず、殆どの人は偽山頂で満足して帰っているみたいだ。
烽火台はアンテナや施設が専有していて山らしさが全くない。そりゃー人気ないわ。

IMGP4839

山頂~丸山公園の間は桜が見頃になっていてたくさんの観光客で賑わっていました。

ここでも富士山&桜が見られて今日の目的は達成!

IMGP4853

本当はここから御前山に行く予定でしたが、久しぶりの登山で疲れたので取り止め。次回まだ来ましょう。

まとめ

今回は秀麗富嶽八番山頂のためだけにお伊勢山に行ったわけですが、ここが意外と穴場でした。

早朝は特に人が少なく静かに桜を楽しめます。更にそこから花咲山へ行くルートもほとんど人と会うこともなく、のんびりと歩く事ができました。

岩殿山はもはや観光地となっており、高尾山的な様相を呈していました。
これはこれでいいんですが、やはり私は静かな山をゆっくり歩くのが好きですね。

 

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記