梅雨明けの屋久島家族旅行 2日目 -島内一周-

      2019/08/22

さぁ、1日目に続きドキドキ・ワクワクの2日目が始まります!

梅雨明けの屋久島家族旅行 1日目 -出発-

2019年7月21日~25日に夏季休暇を使って屋久島&鹿児島の旅行に行ってきました。 本当は飯豊山の縦走&佐渡ヶ島家族観光を予定していたのですが、あいにくの雨模様。 天気予報を見ると屋久島の天気が良いみたいだ。 という事で、出発3日前に屋久島家族旅行を決定&手配! ツアーで手配すると...

daddy-life.com

2日目の予定は1日かけて屋久島一周。

詳細が決まっていなかったので朝早く起きて、ざっくりと今日の予定を立ててみた。

午前中にヤクスギランド、その後は千尋の滝、屋久島フルーツガーデン、塚崎タイドプール、大川の滝、西部林道、横河渓谷。

時計回りに各スポットをテンポよく回っていく・・・はずだった。

まずはヤクスギランドへ

宿の朝食が7時半からだったので、その前に近所を散歩。

相変わらず息子は昆虫を探していて、見つけたのがサツマゴキブリという名前のゴキブリで、比較的大きくて動きは鈍い。アマゾンのジャングルとかにいそうなヤツです。

苦手な方もいると思うので画像は小さくしました。(クリックで拡大できます)

見る人が見ると可愛いらしいが・・・うん、可愛くはないな。

東京では見られない生物がここでは見られて面白い。

30分ほど散歩をしていたら、朝食の時間がやってきた。


これぞ日本の朝食!奥さんの手料理だが、超高級ホテル並みの味だ。激ウマ!
つまり、この家の家族は毎日激ウマ料理を食べて暮らしているのだ。羨ましすぎる。

そうそう、ヤクスギランドに行かないと。ゆっくりしている場合じゃなかった。

という事で、8時半。ヤクスギランドへ出発。

ヤクスギランドに向かう途中の屋久杉自然館の前で警備員っぽいオジサンに呼び止められた。

「この先、倒木で通行止めです。今日の13時から開通します」

えっ?

そういえば一昨日は台風5号が通過した日だった。
いきなり今日の予定が全崩壊!

プランの練り直しだ。さてと、どうするかな。

まずは近くの千尋の滝へ

千尋の滝は屋久島の滝の中でも、一位二位を争う名瀑。


写真だと遠くに見えるが、実際は結構近めに見える。ズドドドドと水が激しく叩きつけられる音が聞こえてきて迫力満点。

落差が60mもあり、車で簡単に来られるので人気の観光スポットだ。

駐車場付近には売店や展望台もある。

展望台からの眺め。屋久島北部を一望。
今日もいい天気だ。

次はとっても美味しいパン屋さんがあるということだったので、そこへ行ってみることにする。

その途中、手絞りジュースの看板を見つけ、ジュースを飲みたいという息子。
急遽、立ち寄ってみることにした。

梢回廊キャノッピ

看板に変な人形が張り付いてますけど・・・実にあやしい・・・。

ここはオジサンが一人で経営しているみたいで、キャノピーウォークというアトラクションが目玉のようだ。

キャノピーウォークはオジサン手作りの木製空中回廊。いろいろな意味でスリル満点なアトラクションだ。

未就学児には危険なので、対象年齢は小学生以上。自分でハーネスを付け外しできれば大丈夫。

息子は未就学児なので、次回にお預け。手絞りジュースだけ頼むことにした。1杯200円。安い!

オジサンがジュースの準備ができるまで虫あみを貸してくれたので、息子は昆虫採集を開始。

捕まえたのはハンミョウ。カラフルで美しい昆虫だ。
なかなか機敏な動きをする昆虫で、アミがないと絶対捕まえられない。

夢中で虫を追いかけていると、オジサンに呼ばれた。

オジサン「絞ってみる?」

私と息子も絞らせて貰って、手絞りジュースが完成。

使っているフルーツはセミノールというミカンだそうだ。
濃厚で甘みが強くて美味しい。

さて、長い寄り道をしたが、次の目的地はおいしいパン屋さん「パン・ド・シュクル」へ向かう。

実際行ってみると、日・月曜日定休でCLOSE。
残念!明日にお預けか。

その隣りに、「山のおやつ工房」というお店があったのでそちらへ入ってみる。

中ではフィナンシェやスムージーが売っていて、隣のパン・ド・シュクルのパンもイートインで食べることができるそうだ。


外がめちゃくちゃ暑かったので、スムージーで休憩。

頼んだのは、珍しいパッションフルーツスムージー。

爽やか~!パッションフルーツ初めて食べた。

時刻は11時15分。
お腹が減ってきたので、昼食を取ることにする。

昼食は「食彩なからせ」という和食レストラン。
屋久島で採れた野菜をふんだんに使った料理を食べられます。

メニューは「屋久島農家のうちごはん ¥1,500」という日替わりメニューのみ。こだわりが感じられる。


写真を見て分かる通り、ほぼ野菜のみで作られた栄養満点メニュー。
どれも素材の風味を生かした優しい味でとても美味しかった。

時刻はお昼の12時ちょうど。さあ、後半戦に行ってみよう!

後半戦!

次に向かったのは、横河渓谷(よっごけいこく)

今いる場所のちょうど反対側にある比較的マイナーな渓谷である。

屋久島を車で1周するのに約3時間半かかるので、反対側まで行くのに1時間半ほど。

途中でお土産屋に寄ったり、仮眠したりしながら向かったので、着いたのは14時。

駐車場から木が生い茂るトレイルを10分ほど歩く。舗装されていて歩きやすいので、スニーカーで問題ないです。

森を抜けると、目の前には大きな川が現れる。


少し歩かなければ来られないからなのか、人が居ない。とても静かだ。

そして、水がとっても青い!


息子はすぐに靴を脱いで川に入る。冷たくて気持ちよさそう!水着があれば泳ぎたかった!

川の流れが緩い所や浅い所もあって、川遊びには最適。


今度来るときは絶対水着を持ってこよう。

秘境!西部林道へ!

さて、お次は西部林道

西部林道は世界自然遺産に登録されている約20kmほどの林道です。

ここにはお店や民家が一切なく、屋久島の自然がそのまま残されています。


道の真ん中でヤクシカやヤクシマザルがくつろいでいる光景を見ることができる。

途中にいくつもの絶景スポットがあるので、車のスピードを落としてノンビリ景色を見ながら進んでいく。

1時間ほどかけて西部林道を抜けて、大川の滝へ向かいます。

名瀑!大川の滝!

滝の近くまで車で行けて、アクセスは抜群。


九州一の落差88m!でかい!

この日は水量もあって、迫力がすごい。
屋久島に来たら絶対見るべき滝ナンバーワン!

さてさて、日が暮れてきましたよ。

地元民おすすめ!塚崎タイドプール!

最後はお宿のご主人に教えてもらった地元の人オススメの塚崎タイドプール。

知る人ぞ知る穴場スポットで、干潮の時間に行くといくつものタイドプールが出現。

ここで海の生物を取ったり観察したりできる。

近くには栗生浜海水浴場という砂浜もあるので、ここだけで一日楽しめそう。

18時を過ぎたところで終了!

宿に着いたら、お楽しみの夕食。


夕食も本当に美味しくて、ご飯3杯おかわりしてしまった。

旅程の関係で、今日の1回しか夕食を食べられないのが残念でたまらない。
次に屋久島に来たときも、絶対に民宿nicoichiに泊まろう。

ということで、ハードな2日めが終了。

明日は念願の宮之浦岳登山。
3時起きなので早めに就寝。

3日目へ続く

梅雨明けの屋久島家族旅行 3日目 -宮之浦岳登山-

屋久島旅行2日目の続きです。 梅雨明けの屋久島家族旅行 2日目 - 島内一周編 - さぁ、1日目に続きドキドキ・ワクワクの2日目が始まります! 梅雨明けの屋久島家族旅行 1日目 -出発- 2019年7月21日~25日に夏季休暇を使っ...

daddy-life.com

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 旅行