【百名山】公共機関を使って天城山へ行ってきたけど、遠すぎて後悔

      2017/08/01

最近山選びに苦戦している。アクセスの良い近場の山はすべて行き尽くした感がある。
もう遠くの山しか残ってない!そこで天城山へ一人で行ってきました。また一人です。

天城山は伊豆半島を南北に分ける山々の総称だそうです。その中の最高峰、そして百名山の一つ「万三郎岳」へ行って参りました。

うちから4時間かけて登山口へ。

まずは横浜まで出て

横浜→熱海→伊東→天城高原ゴルフ場

行くまでに疲れます。

伊東線は窓の方に向かって椅子が並んでいる車両もあります。

9時。まだ伊東にいます。

バスが来るまで海を眺める・・・。あぁ~遠い。

そして11時。登山口到着。もう昼前っす。

登山口に着くと、年配の夫婦が「天城山へ行くんですか?」と問いかけてきた。
どうも、山初心者で不安なので付いてきたいと言うことであった。もちろん了承。

登っているとどんどん雲が出てきて、最終的には雲の中。残念!眺望全くなし。
それでも、緑が初夏の様相を呈してきていて綺麗だったので良しとする。

万三郎岳へは片道2時間ほどで、変化に富んだ楽しいトレイルです。カタクリの群生地があり、5月下旬から6月上旬までが見頃。今日の時点ではほとんど散っていて、僅かに咲いているのみでした。

おニューの靴は履き心地がよく、このくらいの山にはもってこいでした。買って良かった。

結局、最初から最後まで年配の夫婦は付いてきました。意外と体力がある人たちだった。

そしてまた長い帰路につくのであった。

 

この記事をシェアする!

こちらの記事もどうぞ!

 - 登山, 登山日記